1月国際シンポジウム:戦後冷戦期における東アジアの華僑社会

日時:2016年1月30日(土)10:00-17:00
会場:中華会館東亜ホール(神戸市中央区下山手通2-13-9)

■第10回神阪京華僑口述記録研究会(張玉玲による公開聞き取り)
関登美子「"人生不足百 而行千年事"-終戦で中断した中日大辞典編纂に招聘された父欧陽可亮を語る」

■シンポジウム(午前の部)
陳來幸「1950年代日本の華僑社会:華僑学校の争奪戦を中心に」
園田節子「冷戦期北米華商のトランスナショナルな政治回路と諸活動:
バンクーバー華商・国民党僑務委員李日如を例にコミュニティ構造を考える」
コメント 安井三吉

■シンポジウム(午後の部)
何義麟 「戦後の日台関係と台湾人華僑の役割」
王雪萍 「中国政府の対日華僑政策と廖承志」
李正煕 「解放初期韓国華僑をめぐる米軍政庁と韓国政府の政策について」
宋伍強 「戦後朝鮮華僑社会における現地化について――法的地位・職業・華僑学校を中心に」
四方俊祐 「冷戦期台湾経済と米国の「華僑」政策」 
岡野翔太 「1950-70年代在日華僑社会における国府系華僑総会の役割」
■総合コメント:北村由美、宮原堯、貴志俊彦

申込:別添の申込用紙に記入の上、FAXにて078-331-9530までご送付ください。
報告の後には懇親会も開催します。ご参加される場合は、その旨もお伝え下さい。

*春節祭特別展:神戸華僑の戦後70年~神戸中華同文学校の行事写真を中心に~
日時:2016年1月28日(木)~4月9日(土)(通常の開館日水~土)
   但し、2/7.11.14、3/20.21.27、4/3の日曜祝祭日は開館
場所:神戸華僑歴史博物館
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2015-12-19 14:00 | 学術交流

特別例会・ワン・ジョン(汪錚)氏講演会のお知らせ

 このたび、歴史教育やメディアによって形成される「集合的アイデンティティ」の観点から問題を精緻に考察した『中国の歴史認識はどう作られたのか』の著者、ワン・ジョン(汪錚)氏を大阪にお迎えし、講演会を開催する運びとなりました。日中関係を考える上で避けて通れない歴史認識について理解を深め、冷静な議論を行うための一助として頂ければ幸いです。
  
日時:1月9日(土) 14時40分~17時
会場:大阪市生涯学習センター第1研修室(大阪駅前第2ビル5F)
参加費: 無料

講演タイトル:「中国の歴史認識と日中関係」(講演は中国語、日本語通訳つき)

なぜ日本人はかくも憎まれるのか?
なぜ中国の若者にこれほどまで愛国主義が根付いているのか?
なぜ天安門事件以降、中国共産党政権は国民の支持を回復したのか?
なぜ中国はアメリカと日本に対して、これまでより強気の主張をするようになったのか?

(中略)天安門事件と冷戦終結を経た今日の中国の政治的変遷、大衆心理、外交政策を説明する上で、「歴史的記憶」が現代中国の国民的なアイデンティティの形成にどのような役割を果たしているか、また政治的にどのように利用されてきたのかを、中国育ちの在米国際政治学者が、膨大な資料から解き明かす。

ワン・ジョン(汪錚)氏プロフィール:
シートンホール大学ジョン・C・ホワイトヘッド外交国際関係大学院准教授
中国雲南省昆明出身。アメリカのシートンホール大学ジョン・C・ホワイトヘッド外交国際関係大学院准教授。北京大学大学院修了後、アメリカのジョージ・メイソン大学にて博士号を取得。大学で教鞭をとると同時に、全米米中関係委員会委員などとして米中関係、東アジアの国際関係などを幅広く研究し、論じている。1990年代には中国の政府系シンクタンクで国際関係論、平和論、安全保障問題などを研究したこともある。

共催: 市民社会フォーラム
連絡先: 梶谷懐(神戸大学経済学部、kajitani[a]econ.kobe-u.ac.jp)
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2015-12-15 17:15 | 現代史研究会・本サイト

国際関係史ワークショップ(第三回 東アジア国際関係史の新たなパースペクティヴを目指して

         国際関係史ワークショップ(第三回)
  ―東アジア国際関係史の新たなパースペクティヴを目指して―
 
日 時  2015年12月12日
会 場  特別講演 京都産業大学図書館ホール
     分科会  京都産業大学神山ホール3階セミナー室1・2
受 付  8:30〜9:00

◇午前の部(日本語) 
時間  9:00〜12:30
会場  京都産業大学図書館ホール
開会の挨拶 大和隆介(京都産業大学副学長) 
 
特別講演Ⅰ 戦後70周年に寄せて              
司 会  李  為(京都産業大学経営学部)
講演者  
 東郷和彦(京都産業大学世界問題研究所)
  日中韓の歴史認識問題を乗り越えて――七段階のロードマップの提案 
 高 士華(中国社会科学院近代史研究所)
  戦争から和解への第一歩――歴史事実の究明
コメンテーター 金丸裕一(立命館大学BKC社系研究機構副機構長 経済学部)

特別講演Ⅱ 東アジア国際関係史研究の最前線             
司 会  吉田豊子(京都産業大学外国語学部国際関係学科)
講演者  
 石井 明(東京大学 名誉教授)中露関係———“同盟”の崩壊から新型国際関係モデルを求めて
 張 啓雄(台湾・中央研究院近代史研究所)  〈以不治治之論〉對〈實效管轄領有論〉———1874年北京交渉会議から見た日中間国際秩序原理の衝突
  コメンテーター 土田哲夫(中央大学経済学部)         
          
◇午後の部(中国語)
第一部 分科会Ⅰ・Ⅱ 13:15〜14:55   
分科会Ⅰ 新中国の外交
会 場 神山ホール・セミナー室1
司 会 姚 百慧(中国・首都師範大学歴史学院)
報告
 1 蕭 道中(台湾・輔仁大学歴史系)
      新中国外交の初経験———1950年伍修権のニューヨーク国連総会参加を中心に  
 2 蔣 華杰(中国・北京大学 PD)
      龍の目からみた世界:公開資料研究と新中国の外交政策決定
 3 翟  韬 (中国・首都師範大学歴史学院)
      張愛齢たちの冷戦———香港「亡命者」の反共小説とアメリカの対中国宣伝(1949 ~1965)
  4 熊倉 潤(北京大学・東京大学法学部 博士課程)
      三区革命後―−生き残った三区革命指導者のその後
  5 李 潜虞(中国・外交学院)
      アメリカのバンドン会議政策再考
  6 吉田豊子(京都産業大学外国語学部)
      中国の平和共存政策の起源およびその歴史的展開 
コメンテーター  陳弢(中国・同済大学)
         三宅康之(関西学院大学国際学部)
         李 潜虞(中国・外交学院)
         姚 百慧(中国・首都師範大学歴史学院)

分科会Ⅱ 東アジア国際関係史
会 場  神山ホール・セミナー室2 
司 会  王 雪萍(東洋大学社会学部)
報告1 金丸裕一(立命館大学社会系研究機構)
      近代史研究と概念についての思考
  2 劉 峰(中国・上海交通大学 PD)
      近代アジア主義の性質およびその定義     
  3 渡邊佳代(立命館大学心理教育・相談センター)
      戦争によるトラウマの世代間連鎖を超えて       
  4 菊池俊介(立命館大学文学研究科博士課程)
      国共両党の漢奸処理政策
  5 王 雪萍(東洋大学社会学部)
      建国初期中国の対日外交と対日業務担当者の選抜・育成 
  6 山影 統(東京大学教養学部)  
    日中経済関係の『発展』と廖承志の『登場』――日中連絡シテムの形成過程(1950年代~60年代)
コメンテーター 坂井田夕起子(桃山学院大学)
        劉  峰(中国・上海交通大学 PD)
        焦 従勉(京都産業大学法学部) 
  
第二部 分科会Ⅲ・Ⅳ  15:15〜16:15  
分科会Ⅲ 戦後の台湾外交 
会 場 神山ホール・セミナー室1
司 会 李 潜虞(中国・外交学院)
報告1 陳  弢 (中国・同済大学)
      50年代初期台湾と西ドイツとの国交樹立問題:国際史からの考察
  2 姚 百慧(中国・首都師範大学歴史学院)
      中国とフランスの国交樹立と台湾とフランスとの国交樹立
  3 若松大祐(常葉大学外国語学部)
      蔣経国『風雨の中の静けさ』(1967)の歴史観
コメンテーター  蕭 道中(台湾・輔仁大学)
         山影 統(東京大学教養学部)
         陳  弢(中国・同済大学)
 
分科会Ⅳ 東アジア国際関係の現状
会 場 神山ホール・セミナー室2
司 会 三宅康之(関西学院大学国際学部)
報告1 井上一郎(関西学院大学総合政策学部) 
      日米中関係 
  2 下野寿子(北九州市立大学外国語学部) 
      日中韓経済協力          
  3 任 天豪(台湾・国立台中科技大学通識教育中心 )
      東アジアにおける尖閣諸島問題研究を乗り越えて    
コメンテーター  滝田 豪(京都産業大学法学部)
         金丸裕一(立命館大学経済学部)
        
◇総括討論
時 間 16:25~17:00
会 場 神山ホール・セミナー室1
司 会 吉田豊子(京都産業大学外国語学部)
討論者 姚 百慧(首都師範大学歴史学院)
王 雪萍(東洋大学社会学部)
李 潜虞(中国・外交学院)
三宅康之(関西学院大学国際関係学部)
蕭 道中(台湾・輔仁大学)             

閉会の挨拶  金丸裕一(立命館大学BKC社系研究機構副機構長)

◇懇親会 6:00〜8:00

〜〜〜〜〜〜
主催者  京都産業大学外国語学部
共催者  京都産業大学世界問題研究所 立命館大学社会システム研究所
     科学研究費基盤研究(C)研究課題番号25380214
     「中国の『国交樹立外交』、1949〜1955」(研究代表者:三宅康之)
 三菱財団人文科学助成「中国外交部の人事制度と人材育成システムに関する実証研究:
     今日の日中関係への影響を中心に」(研究代表者:王雪萍)

〜〜〜〜〜〜〜連絡先〜〜〜〜〜〜
吉田豊子 京都産業大学外国語学部 国際関係学科 准教授
yoshida.toyoko[a]cc.kyoto-su.ac.jp
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2015-12-04 10:58 | 学術交流

東海地区12月例会のお知らせ

【日時】12月19日(土)1時半~5時
【場所】:愛知大学車道校舎K1002教室(10階)
*名古屋市営地下鉄桜通線「車道駅」下車。1番出口そば、徒歩5分
   http://www.aichi-u.ac.jp/profile/07.html


【報告者】:
① 本多正廣氏(愛知大学大学院)
   「斉如山と中国革命-パリの豆腐会社と北京義興局での活動を中心に-」
② 水野光朗氏(都留文科大学)
    「清末民初期の中・藏・英関係とシムラ会議(1913-1914年)」
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2015-12-01 10:57 | 東海地区例会案内

南山大学シンポジウム「史料をめぐる『冒険』 ―近現代中国地域史研究の場合―」


南山大学アジア・太平洋研究センターでは、下記の通りシンポジウムを開催いたします。
近現代中国地域史研究における史料やその収集について、講演者の方々にご自身のご経験をお話しいただき、講演や質疑応答を通じて、聴講者がその知見を共有することを目的としております。
お忙しい時期とは存じますが、ぜひともご来場いただけますよう心よりお願い申し上げます。

日時:2016年1月9日(土) 14:00~18:00

会場:南山大学名古屋キャンパス R棟1階会議室
 (http://www.nanzan-u.ac.jp/Information/navi/nagoya_main.html?15_7_2)

交通:名古屋市営地下鉄 名城線「八事日赤」駅もしくは「名古屋大学」駅より徒歩8分。

講演者:
 宮内肇氏 (立命館大学准教授)
 佐藤仁史氏 (一橋大学教授)
 山本英史氏 (慶應義塾大学教授)

備考:事前申込不要、参加費無料。

問い合わせ先:宮原佳昭(南山大学講師)miyahara@nanzan-u.ac.jp
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2015-11-29 17:49 | 学術交流

2016年総会・自由論題報告募集のお知らせ

中国現代史研究会は、2016年総会・研究集会を、来年の3月26日および27日の両日に開催いたします。つきましては、2日目(27日)に予定されております自由論題報告を、下記の要領で募集いたします。報告をお考えの方は、ぜひ奮ってご応募ください。

               記

日時:3月27日(日) (自由論題報告は2日目になります)

場所:大阪商業大学(谷岡学園) 梅田サテライトオフィス
(予定。なお場所が変更される可能性はありますが、その場合にも
京都~神戸間の交通至便な場所で開催いたします)


報告時間:お一人当たり1時間半程度(質疑応答・討論を含む)

募集締切:12月20日(日)

連絡:根岸智代会員 negi_86#yahoo.co.jp 
    梶谷  懐会員 kaikaji#yahoo.co.jp (#を@に変えてください)

*連絡はできるだけE-mailでお願いいたします。
その他ご存知の事務局員にご連絡頂いても結構です。
*応募者が多数の場合はご報告頂けない場合もございます。ご了承下さい。


以上
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2015-11-25 07:54 | 月例会・総会案内

《 国際シンポジウム 》抵抗と協力の狭間で―占領地・植民地における<グレーゾーン>国際比較の視点から―


2015年12月5日(土)15:00~18:00
明治大学駿河台キャンパス(御茶ノ水)
リバティータワー14階1146教室


近年の歴史学は近代ナショナリズムを背景とした敵/味方、協力/抵抗、支配/服従などの二分法的な歴史認識の行き詰まりを、いかに克服するかを喫緊な課題としている。特に、帝国主義支配に抵抗する民族解放運動やファシズム支配に抵抗するレジスタンス運動という既存の枠組みにおさまりきれない占領地・植民地における複雑な政治空間と政治過程を考察する歴史学の新たな方法が求められている。
帝国主義やファシズムの支配への対応の一つとして新たに提起されたものとして<グレーゾーン>という概念がある。帝国主義やファシズムの支配を受けて、アイデンティティの確保が極めて困難な条件の下で毎日の生存自体が切迫した課題となるような状況において、現地エリート層や民衆にとって<グレーゾーン>は主体的な積極的な選択肢の一つであったことを歴史的に検証する必要があろう。

《 シンポジウム 》12月5日(土) 15:00~18:00
15:00~15:10 挨拶 渡辺紘良(歴史学会会長)
15:10~15:30 問題提起 髙綱博文(日本大学)
15:30~16:00「台湾植民地統治におけるグレーゾーン」呉文星(台湾師範大学)
16 :00~16 :30「韓国における植民地国家と植民地のグレーゾーン」尹海東(漢陽大学)
16:30~17:00「ナチ占領下フランスにおけるグレーゾーン」 渡辺和行(奈良女子大学)
17:00~18:00 デスカッション
コメンテーター:剣持久木(静岡県立大学)・広中一成(愛知大学)
司会: 堀井弘一郎(日本大学)

会場費:無料
問い合わせ先:堀井弘一郎(hori-kou@nifty.com)
科研費:占領地・植民地における<グレーゾーン>国際比較研究
(基盤研究(C)研究代表・髙綱博文)
共催:歴史学会・日本上海史研究会
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2015-11-13 02:35 | 学術交流

中国よ、どこへ行く? 『現代中国のリベラリズム思潮-1920年代から2015年まで』出版記念シンポジウム

現代中国のリベラリズムの多面的な全体像を伝える石井知章編『現代中国のリベラリズム思潮-1920年代から2015年まで』の出版記念シンポジウムが下記の要領で開催されます。ご関心のある方はぜひご参加ください。

         記

タイトル:中国よ、どこへ行く? 『現代中国のリベラリズム思潮-1920年代から2015年まで』出版記念シンポジウム

(明治大学現代中国研究所主催、藤原書店共催)

日時:12月6日(日)、午前9時半~午後5時半
場所:明治大学グローバルフロント1階、多目的ホール(190人)

海外招聘者:張博樹氏(コロンビア大学教授)
記念講演:子安宣邦氏(大阪大学名誉教授)
司会:鈴木賢氏(明治大学法学部教授、明治大学現代中国研究所所長)
通訳:徐行氏(北海道大学アイヌ・先住民研究センター博士研究員)

午前9時半~
シンポジウムの趣旨説明:石井知章(明治大学教授)
記念講演:子安宣邦「公的自由と人間的幸福」
第1部:現代中国のリベラリズム思潮(10:15~12:30)
報告:張博樹(コロンビア大学教授)「天安門事件以降の中国政治思潮」
質疑応答11:40~12:20
昼休み 12:30~13:30

第2部:現代日本における中国リベラリズムの言説空間(13:30~14:50)

及川淳子(法政大学客員研究員)「劉暁波と中国のリベラリズム」
梶谷 懐(神戸大学教授)「『民意』のゆくえと政府のアカウンタビリティ」
質疑応答
(休憩:14:30~14:40)

第3部:現代日本における中国リベラリズムの歴史と思想(14:40~17:00)
王前(東京大学准教授)「西洋思想と現代中国のリベラリズム」
水羽信男(広島大学教授)「一九三〇~四〇年代中国のリベラリズム」
質疑応答
(休憩:15:50-16:00)

緒形 康(神戸大学教授)「『秘教的な儒教』への道」
福本勝清 (明治大学教授)「現代中国における封建論とアジア的生産様式」
質疑応答

第4部:総括討論:張博樹「総括コメント」、および質疑応答(17:00~17:30)
石井知章(明治大学教授)「閉会のあいさつ」(17:30)
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2015-11-10 15:25 | 学術交流

11月例会のお知らせ

以下の日程で中国現代史研究会11月例会を開催いたします。皆様奮ってご参加ください。

日時:11月14日(土) 15:00~17:00
会場:大阪商業大学研究棟2Fミーティングルーム
交通:近鉄奈良線「河内小阪駅」より徒歩10分
(http://ouc.daishodai.ac.jp/access/)

報告者ならびに論題:

菊地俊介会員(立命館大学大学院)
「日中戦争期における中国共産党の対日本占領地区工作」

*今回はお一人のみの報告です。
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2015-11-10 00:07 | 月例会・総会案内

第7回 韓日両地域中国近現代史研究者交流会



今回で第7回目になる日韓の中国近現代史研究者交流会は、以下の会場・日程・内容で開催致します。
参加を希望される方は、11月30日24時までに以下のフォームにご記入のうえ、上田貴子(uedanota#kindai.ac.jp) までお知らせ下さい。メールの転送でお知らせくださっても、申込書のワードファイルを添付で送ってくださってもどちらでもかまいません。

多くの方々のご参加をお願い申し上げます。
【実施概要】
日時 2016年1月10日(日) 全日
当日、参加費、懇親会費が必要になります。(例年実績で合計5000円程度)
時間と費用の詳細は申し込み問い合せのあった方にお知らせします。
会場 釜慶大学(韓国 釜山広域市)
釜慶大学までは金海国際空港から地下鉄2号線に乗車し、「 慶星大·釜慶大驛」駅下車。
(二つの大学名が一つの駅名になっています)
【内容】
・個別報告 テーマ「中華人民共和国初期:1940年代末~1960年代」
(韓国)
尹炯振(Yoon , Hyong Jin)
中華人民共和国城市居民組織方式的形成-建国初期北京的公會組織過程及其意義
孫章勳(Shon, Jang hun)
1950年的土地改革與革命實用主義
(日本)
金野純(学習院女子大学)
社会主義教育運動における動員類型の転換と農村経験への回帰―上海の事例
杜崎群傑(中央大学)
中国共産党内における議会制度をめぐる議論と「人民代表会議」制度の特質
・近2年の韓国日本での硏究動向紹介
(韓国)
調整中
(日本)
吉見崇(日本学術振興会特別研究員)

【申し込みについて】
以下の①②③へのご回答をお願いします。
①参加申し込みフォーム
■■申し込みフォーム■■
申込者氏名〔                  〕
所属〔               〕
事務局から連絡を差し上げるメールアドレス
〔                    〕
   
②宿泊について
今回は11月30日までに申し込み下さった場合は、釜慶大学の宿舎を予約することが可能です。
一人部屋65000ウォン(約6500円程度) 二人部屋78000ウォン(約7800円程度)
また、釜山には東横インをはじめとしていくつかのリーズナブルなホテルもあります。
釜慶大学の宿舎をご希望の方は以下のフォームにご記入ください。
■■釜慶大学宿泊申し込みフォーム■■
希望する部屋のタイプに○をつけて下さい
部屋タイプ〔一人部屋 二人部屋〕(希望する部屋のタイプに○をつけて下さい)
宿泊者名1〔            〕
宿泊者名2〔            〕(二人部屋の二人目宿泊者)
宿泊日 9日夜〔  〕 10日夜〔    〕(希望する宿泊日に○をつけてください)
*申し込み状況によってはご希望に添えない場合もございます。

③プロフィール
冊子体の『会議資料集』を作成して掲載しますので、プロフィールを中国語(繁体字 Ming Liuフォント)で作成のうえ、以下の項目をご記入ください。次のページまで使ってくださってかまいません。
姓名(ローマ字表記を加えて下さい)
1.研究課題與方向(現在取り組んでいる課題、将来取り組みたい課題、20文字以内)
2.寄与交流会的期待與希望(交流会に対する期待・希望、100文字以内)
3主要研究成果(三点以内厳守、日本語のものには中文訳を併記して下さい)
4.所属単位
5.公開可能なメールアドレス(任意)
<プロフィール記入例>
上田 貴子 (UEDA TAKAKO)
1  東北亞的華人華僑, 從商人的活動來看中國東北城市社會變化,女性在滿洲的生活歷史
2 我希望與韓國學者討論東北亞、中國的歷史,即以亞洲來為視點的世界歷史。我剛開始研究女性在滿洲的生活歷史,希望構成這方面的研究網絡。
3 「東北アジアにおける中国人移民の変遷 1860-1945」蘭信三編著『日本帝国をめぐる人口移動の国際社会学』不二出版、2008年。
〈東北亞中國移民的變遷1860-1945〉蘭信三編輯《從圍繞日本帝國的人口移動來看的國際社會學‧緒論》不二出版社,2008年。
~以下略~
4 近畿大學文藝學部 准教授
5 uedanota#kindai.ac.jp
■■プロフィール記入欄■■■■■■
氏名(ローマ字表記)











■■■■■■■■■■■■■■■■■
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2015-11-02 00:50