■2月例会

日時:2月4日(土)14:00~17:00

会場:京都大学経済研究所1F会議室

報告1:
陳怡旻氏(京都大学・院)
「ポーランド年金改革からの示唆ー中国養老保険制度の今後の課題」
コメンテータ:高屋和子会員(立命館大学)

(要旨)中国の養老保険制度は、95年、97年の改革により、賦課方式の社会プール部分と積立方式の個人口座部分が組み合わせた独自の公的年金制が構築された。改革は、旧制度を企業保険から社会保険への転換、また単一の保険制度から多支柱の保険制度への転換を図り、急進する少子高齢化にも対応するという狙いがあった。しかし、新制度が実施して10年近く経ったが、「個人口座の空洞化」をはじめ、多くの問題点が現れた。それらを解決すべく、中国政府は遼寧省をモデル地域として制度改革に取り組んだが、試行案の持続可能性も疑われている。そこで本報告は、ポーランドの1999年の年金改革において導入された「見なし掛金拠出建て賦課方式(NDC案)」を分析したうえで、遼寧省案と比較しながら、NDC案の中国における導入を検討する。


報告2:南誠氏 (京都大学・院)
「「中国残留日本人」をめぐる包摂と排除 ―日中両国の政策を比較して―」

(要旨)2001年末から、「中国残留日本人」の国家賠償訴訟が騒がれている。法廷の中で問題になっているのは、その歴史をめぐってである。特に日中政府の政策が問題視されている。しかし、これまでの中国残留日本人研究の中で、その歴史を取り上げるものは少ない。本報告では、その歴史的経緯、特に中華人民共和国が成立した1949年から後期集団引揚が終了する1958年までの期間に焦点をあてたい。
 本報告では、報告者がこれまで調査してきた日本政府の政策を踏まえたうえで、まだ調査し始めたばかりの中国政府の政策について報告していきたい。両者の比較を通して、中国残留日本人がポストコロニアル状況下での日中両国の「国民国家」創造プロジェクトからどのようにして、包摂あるいは排除されていったのかについて考察したい。
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-01-28 16:29 | 月例会・総会案内

中国東北振興戦略の現段階と新たな日中地域間協力

立命館大学東北アジア地域研究センター開設記念
外務省「日中知的交流支援事業」・国際シンポジウム

中国東北振興戦略の現段階と新たな日中地域間協力
~国有企業改革と循環型社会経済の構築を中心に~開催のご案内

日 時:
2006年1月26日 (木) 10:30~19:30 (18:00~19:30懇親会)

場 所:
立命館大学衣笠キャンパス 創思館カンファレンスルーム

主 催:
立命館大学東北アジア地域研究センター、東北アジア地域協力研究推進機構

後 援:
外務省、中華人民共和国駐日本国大使館、京都府(予定)、舞鶴市、環日本海アカデミック・フォーラム、京都・まいづる立命館地域創造機構、大阪商工会議所、京都商工会議所、京都産学公連携機構、(社)京都経済同友会、(社)関西経済連合会


プログラムの詳細については以下のページをご覧ください。
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/headline/info/2005/12/nicchu.pdf
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-01-18 23:19 | 学術交流

中国現代史研究会例会

日時: 2006年1月27日(金) 18:00~21:00

場所: 明治大学研究棟4階(リバティータワー横) 第2会議室
 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
     (TEL 03-3296-4545)
     ※会場の詳しい位置につきましては、
   http://www.meiji.ac.jp/campus/suruga.html 
     をご参照ください。

題目:「書評 飯塚靖『中国国民政府と農村社会』(汲古書院、2005年)」

報告者:三品英憲氏
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-01-14 19:36 | 学術交流

日本上海史研究会<上海の若手研究者を囲む会>

日本上海史研究会は、このたび、1月14日(土)のワークショップ「中華人民共和国成立前後における中国都市社会の変動」(於:日本大学通信教育部)参加のために来日中の、上海社会科学院歴史研究所の若手研究者を囲む、気軽な交流会を開催します。
ワークショップと併せて、多くのご参加をお待ちしています。

日 時;2006年1月19日(木)午後6時~8時

会 場:日本大学文理学部百周年記念館第一会議室
     京王線・桜上水駅または下高井戸駅(新宿から約15分)より徒歩五分。
     百周年記念館は、文理学部正門の道路の向かい側の建物です。
    http://www.chs.nihon-u.ac.jp/index-con/access_f.html

報 告:葛涛(上海社会科学院歴史研究所助理研究員)
     「声音記録下的生活--民国時期上海社会中的唱片」
     (音声記録下の生活-----民国時代上海社会におけるレコ-ドについて)

話題提供:周武(上海社会科学院歴史研究所研究員)
     「从江南的上海到上海的江南 」(江南の上海から上海の江南へ)

     馬軍(上海社会科学院歴史研究所副研究員)
     「上海舞庁的消逝(1949-1954)」(上海ダンスホ-ル業の終焉 1949-1954)
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-01-14 19:35 | 学術交流

中国復旦大学と島根県立大学合同シンポジウム

2006年1月19日(木) 島根県立大学講堂

[午前の部]  司会:今岡日出紀・島根県立大学総合政策学部長

09:15  開場
09:30  開会挨拶=宇野重昭・島根県立大学学長、
沈丁立・復旦大学国際問題研究院副院長

09:50  報告① 「朝鮮半島と日本-中国の視点から」
(郭 定平・復旦大学国際問題研究院日本研究センター長)
10:50  報告② 「日朝関係-過去・現在・未来」(福原 裕二・島根県立大学助手)
11:40  報告③ 「朝鮮半島と中国-国際関係の視点から」
(石 源華・復旦大学国際問題研究院韓国研究センター長)
12:30  午前の部質疑応答

[午後の部] 司会:別枝行夫・島根県立大学北東アジア地域研究センター長

14:30  報告④ 「日本の対朝鮮半島観」(秋月 望・明治学院大学国際学部長)
15:20  報告⑤ 「朝鮮半島をめぐる諸問題」(添谷芳秀・慶応大学法学部教授)
16:20  報告⑥ 「朝鮮半島問題-歴史と現在」(沈 丁立・副院長)
17:10  午後の部質疑応答
17:40  閉会

自由参加です。よろしくお願いします。
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-01-12 22:16 | 学術交流

第28回 経営史学会国際会議(富士コンファレンス)

テーマ:
Global Development of the Telecommunication Industry: Network and Equipment Businesses 1900-1950

日時: 2006年1月5日~8日

場所: 富士教育研究所

1月5日

坂本倬志(神戸学院大学)、中島俊克(立教大学):Intoroduction

Lipartito, Kenneth J. (Florida International University):The Political Economy of Telecommunications: National Experiences and International Patterns

コメンテーター:Leslie HANNAH(東京大学)他



1月6日

Wessel, Horst A.(Heinrich Heine Universitat):Telecommunication policy and its executors. Crucial points in technical and economic developments: A case study of the wire and cable industry in Germany 1848-1939

中島俊克(立教大学):The Construction of French Telecommunication Networks between the Wars

藤井信幸(東洋大学):Japan's Telephone Policy in the First Half of the 20th Century

Anchordoguy, Marie(University of Washington):Japan’s Prewar Telecommunications Industry, Building the Foundations for Postwar Success

コメンテーター:石井寛治(東京経済大学)、湯沢威(学習院大学)他



1月7日

Adams, Stephen B. (Salisbury University):“Department Store of Electrical Apparatus”: The Abandoned Path of the Bell System’s Manufacturer, 1882-1925

中島裕喜(日本学術振興会特別研究員・大阪大学):Research & Development in the Telecommunication Industry in Prewar Japan -Automatic Telephone System-

貴志俊彦(島根県立大学):The significance of multilateral negations and concessions over the construction of “the Imperial Line” between Nagasaki and Shanghai (1912-1943)

Yang, Daqing [楊大慶](George Washington University):Technology and Empire:Japan's Long Distance Telecommunications Network in East Asia, 1936-1953

コメンテーター:石井寛治(東京経済大学)、貴志俊彦(島根県立大学)、西村成弘(大阪大学)他



1月8日

Jacobsen, Kurt(Copenhagen Business School):The Great Northern Telegraph Company and the wireless challenge 1897-1930

若林幸男(明治大学):The Great Northern Telegraph Co. and its Competitors in Japan 1920-1950 From the Viewpoint of a Subscriber

コメンテーター:松本和明 (長岡大学)他
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-01-05 09:59 | 学術交流

日本上海史研究会主催ワークショップのご案内

日本上海史研究会は、戦時上海に関する共同研究に次いで、現在は「中華人民共和国成立前後における『移民都市』上海の性格とその変容に関する総合的研究」(科研費基盤研究(B)代表者 高綱博文)に取り組んでいます。その一環として下記の通りワークショップを開催いたします。
内戦期及び建国初期にかけての上海を中心とした都市社会の変動と再編過程について、日中の気鋭若手研究者による報告及び討論を行いますので、奮ってのご参加をお願い申し上げます。



テーマ:「中華人民共和国成立前後における中国都市社会の変動」
日時:2006年1月14日(土曜日)10:00~17:00
会場:日本大学通信教育部本館ミネルヴァホール
   (JR水道橋駅徒歩5分、千代田区三崎町2-2―3)

10:00~10:10 挨拶:高綱博文(日本大学教授)
司会:上原一慶(京都大学教授)

①10:10~11:20「美援与上海計口配米―1947~49年」
Rep:馬軍(上海社会科学院歴史研究所副研究員)
コメンテーター:奥村哲(東京都立大学教授)

②11:20~12:30「建国初期上海市及び近郊農村における学校教育の再建と『政治教育』―1949~54年」 Rep:大澤肇(東京大学院生)
コメンテーター:高田幸男(明治大学助教授)交渉中

12:30~13:30:昼食

③13:30~14:40「建国初期上海労働現場における政治動員と大衆運動」
Rep:金野純(日本学術振興会研究員)
コメンテーター:山本恒人(大阪経済大学教授)

14:40~15:00:コーヒーブレイク

④15:00~16:10「1945~1956年的上海出版業」
Rep:周武(上海社会科学院歴史研究所研究員)
コメンテーター:小浜正子(日本大学教授)

16:10~17:10:総合討論

17:30~19:30:懇親会⇒会場:日本大学通信教育部1号館地下会議室
           会費:一般(3500円)学生・院生(1500円)

なお、ワークショップ・懇親会にご出席される方は、出来るかぎり2006年1月10日まで高綱宛(takatsuna#gssc.nihon-u.ac.jp)にご連絡をお願いします。
#を@に変えて送信してください。
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2005-12-20 20:30 | 学術交流

中国社会文化学会12月京都例会のお知らせ

清華大学教授で『読書』編集長でもある汪暉氏をお招きして、京大人文研で講演会を催します。
氏は1980年代に中国大陸の魯迅理解を根本から改変した魯迅論を発表した後、1990年代には『学人』同人として、また『読書』編集長として,文化界に絶大の影響力を発揮してこられました。氏の論文が巻き起こした「新左派/自由主義論争(1998-2000)」も印象に新しいところです。

日時:2005年12月10日(土)午後3時~
場所:京都大学・人文科学研究所分館(北白川) 会議室
       (http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/kotu.html 参照)

報告者:汪暉氏(清華大学人文社会科学学院・教授)
題目:「公理世界観とその自己崩壊:厳復・梁啓超・章太炎」(中国語)

汪暉氏の業績については、http://www.l.u-tokyo.ac.jp/ASCSC/ をご覧下さい。

問合せ:京都大学人文科学研究所 石川禎浩(ishikawa#zinbun.kyoto-u.ac.jp)
                       (#を@に変えて送信してください)
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2005-12-06 10:09 | 学術交流

東 ア ジ ア 地 域 研 究 会 2005年度研究大会のお知らせ

2005年度の研究大会(第48回例会)を、以下の場所・日程で実施します。
第一日には自由論題報告4本、第二日は共通論題報告4本、いずれも、東アジア地域の経済社会変動の過去と今を貫く前衛的な問題意識に立った、意欲的な報告テーマが揃いました。
会場は、京都駅徒歩1分の利便性の高い場所であり、会員皆様のご参集をお待ちしています。

日程:2005年12月3日(土)~12月4日(日)午前9:30開始
場所:キャンパスプラザ京都(www.consortium.or.jp/campusplaza/access.html参照)
◆第一日: 自由論題報告(12月3日9:30開始~13:00終了)
 ・張宏翔(京都大学・院)「中国における企業の税収負担不公平に関する一考察」
 ・Than Than Aung(名古屋大学・院)”An Analysis of Social Economic Condition of
Myanmar Migrant Workers in Thailand: The Case of Chonburi Province”
 ・泉川普(広島大学・院)「1930年代における在ジャワ日本人の商業活動と日本製品流通」
 ・戴龍(名古屋大学・院)「中国の競争法政策の現状と課題」
(以上、報告30分+質疑10分程度)
(自由論題報告後、運営委員会を実施)

◆第二日: 共通論題報告(12月4日10:00開始~16:50終了)
 前半(司会:西口清勝)
・松野周治氏(立命館大学)「東北アジア地域協力の意義と可能性:中朝ロ国境地域を
中心に」(10:00~10:55)
・西澤信善氏(近畿大学)「ASEANと東アジア共同体」(11:00~11:55)
後半(司会:上原一慶)
・渡辺治氏(一橋大学)「日本の対米・対アジア政策の交錯」(13:00~13:55)
・浅野亮氏(同志社大学)「中国のアジア統合構想の実質」(14:00~14:55)
ディスカッション(15:00~16:50)

問合せ:(事務局)神戸大学大学院国際協力研究科・金子由芳(ykaneko*kobe-u.ac.jp)
 *を@に変えて送信してください
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2005-11-28 12:21 | 学術交流

■11月例会

日時:11月19日(土)13時~17時

会場:京都大学経済研究所

報告:
書評会(執筆者をお迎えしての書評交流)
    『重慶国民政府史の研究』(東京大学出版会、2004年)
    『民国後期中国国民党政権の研究』(中央大学会)出版部、2005年)

司会: 西村成雄(大阪外国語大学)

報告者:①田中 剛 (神戸大学大学院)
     ②島田美和(大阪大学大学院)
     ③石黒亜維(大阪商業大学非常勤講師)

書評交流会趣旨:
 中華民国史研究という歴史アプローチが定着して、すでに20年が経った。そして昨年末から今年にかけて、『重慶国民政府史の研究』(2004年12月)と『民国後期中国国民党政権の研究』(2005年5月)が相次いで出版された。この2冊の論文集は、現代日本の中華民国国民政府史研究を代表する実証的かつ総合的な成果として、すでに国内外で大きな反響を呼んでいる。
 11月例会では、前者の編者である石島紀之氏(フェリス女学院大学)、久保亨氏(信州大学)、後者の編者である斎藤道彦氏(中央大学)、土田哲夫氏(中央大学)をはじめ、塩出浩和氏(城西国際大学)、中村元哉氏(日本学術振興会)、吉田豊子氏(中央大学兼任講師)ら7名の執筆者をお迎えして、中華民国国民政府史研究の現況および今後の課題について活発な討論を行いたい。また、国民政府史のみならず、中国の近現代史研究全般にかかわる問題についても、この機会にさまざまな角度から意見交換し、関東・関西の交流を深められることが期待される。
 なお今回は、2冊の取り上げる問題が多岐に及ぶため、まず報告者が全論文30篇を3つのテーマ(①「蒋介石」、②「統合と自立」、③「国際的地位」を予定)に類型化することで論点を整理する。これを軸に、2冊それぞれの内容的特徴と成果について検討しつつ、中華民国国民政府像について議論したい。

日本の中華民国史研究についての理解を深め、同時にまた、第一線でご活躍中の研究者と交流できる貴重な機会です。専門の如何を問わず、会員各位の積極的なご参加を期待します。
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2005-11-17 16:35 | 月例会・総会案内