人気ブログランキング |

中国現代史研究会2021年総会・研究集会のご案内

会員の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
添付の要領で、2021年総会・研究集会を開催いたします。本年はzoomによるオンライン開催といたします。奮ってご参加ください。返信期限は3月7日(日)です。

なお、今回は当会にとって初めての完全オンライン開催の総会・研究集会となります。研究集会の円滑な運営・セキュリティ保護の観点から、非会員の研究集会参加については今回、会員からの紹介があった方に限らせていただきます。
参加を希望される非会員におかれましては、フォームへのお申込みとは別に、会員を通して総会専用アドレス(k.modernchina[a]gmail.com)宛にご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

*そのほか総会に関するお問い合わせも、同上アドレスまでお願いいたします。


シンポジウム 「対日協力」をめぐる人物研究   3 月 13 日(土)
 近年の日中戦争史研究の中でも、民族の裏切り者(「漢奸」)として否定すべきものと見なされる存在を対象とする対日協力政権研究は、イデオロギーやナショナリズムを背景とする「敵か味方か」といった二分法による歴史観では見えてこない歴史の複雑性、多様性に迫る研究を発展させている領域として注目される。
 また、日中戦争期の上海を対象とする研究を中心に、対日協力政権統治下に生きた人々の姿から「協力か抵抗か」という二分法では捉えられない複雑性、多様性を見出そうとする「グレーゾーン」研究が広がりを見せている。これらの研究については、本会でもこれまで議論を重ねてきた(本会会誌『現代中国研究』第 35・36 合併号「特集:日中戦争期における対日協力の諸相」、第 39 号「特集:グレーゾーンとしての戦時上海」、第 41 号「特集:≪東亜同文書院,アジア主義,対日協力政権≫」)。
 対日協力政権について、一方的に日本の「傀儡」とされたのではなく、その主体性や抵抗の側面も含めて実証的に捉え直そうとする研究は、主に汪兆銘政権(1940 年に南京に成立した中華民国国民政府)を対象として進められてきた。近年では汪兆銘政権に限らず他の対日協力政権に関する研究も進んでいるが、複数の対日協力政権の比較検討に加え、個々の対日協力者に焦点を当てる人物研究の必要性も指摘できよう。一口に「対日協力」と言っても、その「協力」のあり方や目指すものは多様であったと考えられるからである。
 このことは「対日協力」に携わる中国人と関わりを持った日本人についても言えることであり、例えば国策への「協力か抵抗か」といった二分法で捉えないという「グレーゾーン」研究が提起する視点は、日本人にも向けられる必要がある。個々の人物が中国における「対日協力」をめぐって何を考え、いかに行動したかを比較検討することで、日本の対中国政策の実態についても一層明らかにすることができよう。
 「対日協力」に携わった人物を一括りにして評価するのではなく、個々の人物研究を積み重ねることにより、「対日協力」とは何であったか、また「対日協力」をめぐる歴史の複雑性、多様性について、更に議論を深めることができるのではないか。本シンポジウムでは、中国人、日本人の双方を視野に入れて考えてみたい。

第 1 報告 関智英会員(津田塾大学)
    「中国第三勢力の対日協力―華北の動きを中心に」
第 2 報告 戸部良一氏(防衛大学校名誉教授・国際日本文化研究センター名誉教授)
    「梅機関の人々―影佐禎昭を中心として―」
第 3 報告 松谷曄介氏(金城学院大学)
    「日中キリスト者の協力と抵抗」


# by yukiko_sakaida | 2021-02-03 11:09 | 月例会・総会案内

特別例会:Andrew G. Walder先生オンライン講演会のお知らせ

中国現代史研究会は、先端融合研究環「現代中国研究拠点」プロジェクトと共同で、米スタンフォード大School of Humanities and SciencesのAndrew G. Walder教授のオンライン講演会を開催いたします。
 Walder先生は中国文化大革命に関する実証的研究の第一人者であり、特に1980年代後半以降に中国で出版された2千冊あまりの地方誌から抽出した情報をもとに、エビデンスに基づいて文革の実態を明らかにする研究を行ってこられました。本報告では、先生の最新の研究成果をもとに、なぜ敵対的な派閥が形成されたのか、なぜ暴力が勃発し、鎮圧が困難であったのか、といった点に焦点を当ててお話しいただきます。
 ぜひふるってご参加ください。


タイトル: A Puzzling Upheaval:  China’s Factional Warfare of 1967-1968
開催日:  2021年3月6日(土)
開催時間:  10:00 ~ 12:00(日本時間)
講演者: Andrew G. Walder氏(スタンフォード大学)
討論者:林載桓氏(青山学院大学)
司会: 谷川真一氏(神戸大学)
言語: 英語
問い合わせ: 梶谷懐(kajitani at econ.kobe-u.ac.jp)
参加申し込み: こちらのフォームからお申し込みいただくと、参加者用のzoomリンクが表示されます。


講演者紹介:
Andrew G. Walder is the Denise O'Leary and Kent Thiry Professor in the School of Humanities and Sciences at Stanford University. A political sociologist, he has long specialized on the study of contemporary Chinese society and political economy. He has previously taught at Columbia, Harvard, and the Hong Kong University of Science and Technology. He is an elected member of the American Academy of Arts and Sciences.
His books related to the current topic include Fractured Rebellion: The Beijing Red Guard Movement (2009) and China Under Mao: A Revolution Derailed (2015). His coauthored book with Prof. Dong Guoqiang of Fudan University, A Decade of Upheaval: The Cultural Revolution in Rural China, will be published in February 2021 by Princeton University Press. This talk is based on his most recent book, Agents of Disorder: Inside China’s Cultural Revolution (Harvard University Press, 2019).

講演要旨:
Some 50 years after its conclusion, many aspects of China’s Cultural Revolution remain obscure, despite the fact that it ranked among the largest political upheavals of the 20th century. Perhaps the most puzzling is the two years of armed warfare between rebel factions that spread across China after a wave of rebel power seizures overthrew local governments in early 1967. Official sources indicate that some 250,000 people died in battles between civilian factions during this period, and another 1.3 million died in political campaigns and military operations to suppress the fighting and restore order. This talk provides an evidence-based overview of these conflicts, based on information extracted from 2,246 local histories published in China since the late 1980s. It addresses two puzzling features of this poorly understood period of recent Chinese history: why did antagonistic factions form, and why did violence break out and prove so difficult to suppress?


# by yukiko_sakaida | 2021-02-03 10:57 | 学術交流

東海地区2月例会のお知らせ

次回中国現代史研究会東海例会を対面で行う旨ご連絡しましたが、皆様ご承知
のように、愛知県では緊急事態宣言が3月7日まで延長になりました。そこで研究
会をzoomミーティングによる開催に切り替えたいと思います。出席される方は、
岡崎宛てに2月15日(月)までにご連絡ください。のちほどレジュメとzoomの会
議のURL及びパスワード等をお送りします。
 なおzoomのクライアントアプリをインストールする必要があります。(https://zoom.us/)、zoomマニュアル https://zoomy.info/zoom_perfect_manual


日 時:2月20日(土)1時半~5時

場 所:愛知学院大学楠元校舎 歯学部基礎教育研究棟1階第2会議室
    (地下鉄東山線、名城線「本山駅」下車、1番出口から徒歩5分)


玉置文弥氏(愛知学院大学大学院)
「大本教・人類愛善会と道院・世界紅卍字会の“融合”ー1929年「東瀛佈道団」訪日を中心にー」
土屋洋氏(名古屋大学)
「中国最初の『中国史』 ー夏曾佑『最新中学教科書中国歴史』についてー」

ただし、新型コロナウイルスの感染の拡大がおさまらない場合は、zoomによるリモートの研究会に変更します。その場合は改めてご連絡ご連絡します。


# by yukiko_sakaida | 2020-12-24 14:39 | 東海地区例会案内

東海地区12月例会のお知らせ

中国現代史研究会の東海地区12月例会の詳細が決まりましたので、
ご案内させていただきます。

皆様におかれましては、よろしくお誘いあわせの上、
ご参加いただければ、と存じます。

【日時】 12月12日(土)1時半~5時
【場所】 愛知学院大学楠本校舎 歯学部基礎教育研究棟1階第2講義室
【報告】

安達満靖氏(中国・アジア農業・食品問題研究所)      
「新型コロナウィルス感染流行下の中国経済及び日中関係-研究方法論と今後の課題一」

柴田哲雄氏(愛知学院大学)
「潘漢年の諜報活動について」

 なお今後新型コロナウイルスの感染の拡大があった場合は、zoomによるリモートの研究会に変更します。その場合は改めてご連絡ご連絡します。また懇親会は行いません。

添付ファイル エリア


# by yukiko_sakaida | 2020-10-30 12:24 | 東海地区例会案内

『東南アジア研究』と『アジア経済』への投稿案内

中国現代史研究会会員各位

下記の論文投稿セミナーの情報を共有いたします。
若手の会員各位には、よい機会ではないかと思います。積極的に参加をご検討ください。なお,問合せは主催者にお願いします。

―――――――
査読付きジャーナル 論文投稿セミナー:『東南アジア研究』と『アジア経済』への投稿案内

 学術誌『東南アジア研究』(東南アジア地域研究)および『アジア経済』(発展途上国・新興国研究)の編集委員、編集部員、元編集委員が投稿時の注意点や査読プロセスの紹介、投稿者・査読者としての経験談などを通じ、査読誌への掲載のコツを伝授します。希望される参加者には、論文の構想や草稿に対して登壇者等がアドバイスいたします。本セミナーを投稿にむけた一歩として是非ご活用ください。

 地域研究はもちろん、政治学、経済学、社会学、歴史学、人類学、地理学、生態学、農学などさまざまな分野の学部生、大学院生、ポスドクの皆さんのご参加をお待ちしています。

【開催日時】2020年9月5日(土曜)13時30分~16時30分
【主  催】京都大学東南アジア地域研究研究所、日本貿易振興機構アジア経済研究所
【会  場】オンライン(ZOOMミーティング)
【申込期間】2020年8月24日(月曜)締切
【定  員】100名(先着順)
【参加費】 無料
【スケジュール】
 13:30~13:45 『東南アジア研究』および『アジア経済』の特徴について
 13:45~14:15 投稿時の注意点と査読プロセスについて
 14:15~15:00 座談会「投稿と査読の経験を語る:ディシプリンの違いを踏まえて」
 15:00~15:15 質疑応答
 15:15~15:30 休憩
 15:30~16:30 グループワーク/個別相談会

※イベント詳細,お申し込みは東南アジア地域研究研究所イベント情報をご覧ください。



# by yukiko_sakaida | 2020-07-26 17:10 | 学術交流

【重要】東海地区4月例会の延期について

皆さまご承知の通り、7都府県に緊急事態宣言が出され、愛知県でも独自の緊急事態宣言が出されました。このような状況下で、4月25日(土)の中国現代史研究会東海例会を、延期したいと思います。
例会再開の日時は、今後新型コロナウイルス感染の状況を見ながら決定し、改めてご連絡致します。

# by yukiko_sakaida | 2020-04-13 23:39 | 東海地区例会案内

東海地区4月例会のお知らせ

中国現代史研究会の東海地区4月例会の詳細が決まりましたので、
ご案内させていただきます。

皆様におかれましては、よろしくお誘いあわせの上、
ご参加いただければ、と存じます

【日時】 4月25日(土)1時半~5時
【場所】 愛知大学車道校舎 K1005教室(10階) 地図
【報告】
安達満靖氏(中国・アジア農業・食品問題研究所)      
日中経済学術デジタル情報の共有と活用一中国現地調査と研究方法論の課題一」
柴田哲雄氏(愛知学院大学)
「喬石と周永康:二人の中央政法委員会(仮)」

なお今後の新型コロナウイルスの感染の拡大によっての変更がある場合は、
あらためてご連絡します。

# by yukiko_sakaida | 2020-03-26 12:46 | 東海地区例会案内

東海地区2月例会のお知らせ

中国現代史研究会の東海地区2月例会の詳細が決まりましたので、
ご案内させていただきます。

皆様におかれましては、よろしくお誘いあわせの上、
ご参加いただければ、と存じます。

【日時】 2月22日(土)1時半~5時
【場所】 愛知大学車道校舎 K1005教室(10階)  地図
【報告】
虞萍氏(南山大学)
「瀬戸内晴美(寂聴)と中国の関わり――謝冰心との交流を中心に」
大澤肇氏(中部大学)
「中華圏の電子図書館・データベースと中国近現代史研究」

終了後は懇親会を予定しております

# by yukiko_sakaida | 2020-01-20 15:13 | 東海地区例会案内

「香港からの緊急報告:研究者・市民との対話」開催のお知らせ(12月17日)

「香港からの緊急報告:研究者・市民との対話」開催のお知らせ(12月17日)

 このたび、香港問題についてかねてより積極的に発言を行って来た知識人である區龍宇氏(『台頭する中国』『香港雨傘運動』などの著作あり)が来日されることになりましたので、神戸にお招きして交流の場を設けることになりました。
 このほか、香港の大学院生でアクティビストの陳怡さんも来日してお話しされます。
 主に英語での交流になってしまいますが、この問題にご関心のある方のご参加をお待ちいたします。

・日時:12月17日(火) 18時~20時
・場所:神戸学生青年センター会議室A(阪急六甲駅より徒歩5分)
・スピーカー:
區龍宇/アウ・ロンユー氏(社会活動家、チャイナ・レイバー・ネット編集委員)
「2019香港のたたかい(仮)」
陳怡/チェン・イー氏(社会活動家、大学院生)
「香港デモの非暴力派と直接行動派~協力と緊張(仮)」

・使用言語:英語
・会費:無料
・主催: 神戸大学現代中国研究拠点
・参加申込み・お問い合わせ: 梶谷懐(kajitani@econ.kobe-u.ac.jp:@を半角に代えてください)
※参加ご希望の方は事前にご連絡をお願いします。
※当日は時間の制約もありますので、英語を中心に日本語・普通語も交え、現在の香港情勢について忌憚のない意見交流の場にできればと考えております。
※写真撮影・録音はお断りいたします。



# by yukiko_sakaida | 2019-12-05 07:54 | 学術交流

東海地区12月例会のお知らせ

東海12月例会の内容が以下のように決まりましたので、
ご案内させていただきます。

万障繰りあわせの上、ご参加いただければ、と存じます

【日時】 12月14日(土)1時半~5時

【場所】 愛知大学車道校舎 K902 教室  地図
【報告】 
万向上氏(愛知県立大学大学院)
「梅光迪と「学衡派」の研究――阪口直樹の論文を叩き台として」
水町誠司氏(愛知学院大学研究員)
「杜月笙と恒社 ―杜月笙と「表社会」、政治との関係―」

# by yukiko_sakaida | 2019-11-19 17:24 | 東海地区例会案内