国際ワークショップ「中国近代社会と日中関係」

愛知大学東亜同文書院大学記念センター・愛知大学国際問題研究所・中国社会科学院近代史研究所共催、国際ワークショップ「中国近代社会と日中関係」を9月9日(金)、10日(土)午前に行います。
場所:愛知大学名古屋校舎3階W31教室、W32教室 使用言語、日本語・中国語(通訳有り)

開会挨拶、趣旨説明 馬場毅(愛知大学名誉教授)     9:50-10:00
開会挨拶 趙暁陽(中国社会科学院近代史研究所社会史研究室主任、研究員)10:00-10:10

第1セクション 「東亜同文書院と日中関係」      10:10-11:30
・高木秀和(愛知大学東亜同文書院大学記念センター研究員、愛知大学非常勤講師)
「近代中国における海産物供給構造の変容:昆布・鰑を中心に」
・野口武(愛知大学東亜同文書院大学記念センター・ポストドクター、愛知大学非常勤講師)
「初期東亜同文書院と史料的記憶」
・石田卓生(愛知大学東亜同文書院大学記念センター研究員、愛知大学非常勤講師)
「戦前の日本の中国語教育の変遷:東亜同文書院を事例として」
・佃隆一郎(愛知大学東亜同文書院大学記念センター研究員、豊橋技術科学大学非常勤講師)
「愛知大学創立時の『東亜同文書院』」
休憩   11:30-11:40
第1セクション討論     11:40-12:20

第2セクション 中国近代社会と社会史        13:20-15:50(休憩10分を含む)
・羅検秋(中国社会科学院近代史研究所研究員)
「社会変遷と清代漢学家の宗族観念」
・唐仕春(中国社会科学院近代史研究所副研究員)
「出仕、保証と生計-清代同郷の京師官僚の印结(身元保証書)」
・王 康(中国社会科学院近代史研究所助理研究員)
「清代民間社会「嫁賣生妻(嫁が売られて重婚の妻となる)」現象再研究」
・李長莉(中国社会科学院近代史研究所社会史中心主任、研究員)
「甲午戦争(日清戦争)前一日本文人の「中国蔑視」体験-小室信介と『第一遊清記』」
・李俊領(中国社会科学院近代史研究所助理研究員)
「礼治と憲政-清末礼学館の設立およびその時局への臨機応変の対応」
休憩 15:00-15:10
・趙暁陽(中国社会科学院近代史研究所社会史研究室主任、研究員)
「逆行と回向-近代ニュージーランド中国人労働者と広東の故郷との間での布教の相互の動き」
・呂文浩(中国社会科学院近代史研究所副研究員)
「1940年代全国人口调查計画研究」
第2セクション討論 15:50-16:40

第3セクション 民国以後の中国社会と日中関係        9:20-11:00
・広中一成(愛知大学東亜同文書院大学記念センター客員研究員、愛知大学非常勤講師)
「1920年代における日中仏教徒の交流―水野梅暁旧蔵写真資料を通して」
・武井義和(愛知大学東亜同文書院大学記念センター研究員、愛知大学非常勤講師)
「1920年代上海の朝鮮人社会について-租界の構造、社会形成を中心に~」
・森久男(愛知大学経済学部教授)
「日中戦争初期における蔣介石の作戦指導の特質」
・馬場毅(愛知大学名誉教授)
「山東抗日根拠地における通貨政策」
・三好章(愛知大学東亜同文書院大学記念センター長、現代中国学部教授)
「中国の国際関係―歴史の視点から考える」
休憩 11:00-11:10
第3セクション 討論 11:10-12:00

閉会挨拶 三好章(愛知大学東亜同文書院大学記念センター長、現代中国学部教授)12:00-12:10 
     李長莉(中国社会科学院近代史研究所社会史中心主任、研究員     12:10-12:20

チラシについては、こちらをご覧下さい。
http://www.aichi-u.ac.jp/information/pdf/20160909kokusai_workshop.pdf
[PR]
by yukiko_sakaida | 2016-09-02 19:37
<< 特別例会開催のお知らせ 『台湾を知るための60章』刊行... >>