台湾史研究会・台湾歴史学会共催シンポジウム 「東アジアの中の台湾――過去・現在・未来を考える――」

日時:831日(金)~91日(土)

会場:関西大学100周年記念会館

時間配分:1報告につき報告25分・コメント10分・質疑15分 (合計50分)

 通訳付のものは報告35分・コメント10分・質疑15分 (合計60分)

1日目(831日)

10時(受付開始)

1020分~1025分 開会あいさつ

1030分~1140分 10周年特別分科会(台僑とそのルーツを考える)

1解析『陳氏族譜』――800年のファミリーヒストリーの紐を解く  朝元照雄(九州産業大学)

 評論者:陳來幸(兵庫県立大学)

1140分~1220分 昼食 (弁当代750円:821日までに事前申込)

1220分~1420分 第1分科会(文化と民俗)

2台湾民俗学の過去と現在と未来の可能性  黃麗雲新生医護管理専科学校

 評論者:五十嵐真子


3論台湾文化資産保存的過去、現在與未来――以台北市為中心之探討

(台湾文化資産保存の過去と現在と未来について――台北市を中心に) 林芬郁(国立台湾師範大学・兼任講師

 評論者:松金公正(宇都宮大学) 通訳:岩田弥生(神戸学院大学)

1440分~1630分 第2分科会(日本統治期の台湾社会と文化)

4弁護士葉清耀と近代台湾の地域社会 謝政徳(大阪大学・招聘研究員)

 評論者:村上一博(明治大学)


5台湾意象――戦前日本内地高商生的修学旅行報告書

 (台湾のイメージ――戦前日本内地の高等商業学校生の修学旅行報告書) 郭雲萍(開南大学) 

 評論者:呉宏明(京都精華大学・名誉教授)

17時~ 懇親会  会場:チルコロ(会費:4,000円)

2日目(91日)

930分(受付開始)

940分~1240分 第3分科会(戒厳時期)

6台湾省級議会「五龍一鳳」等在野民主菁英的人権主張――以人身自由為中心1946-1972

(台湾省議会の「五龍一鳳」など在野民主エリートの人権主張――人身の自由を中心に 19451972) 蘇瑞鏘(国立台北教育大学)

 評論者: 滝田豪(京都産業大学) 通訳:岡野翔太(大阪大学・院)


7台湾戒厳時期東南亜遊記的文化論述(台湾戒厳時代の東南アジア旅行記における文化記述)

 林淑慧(国立台湾師範大学) 評論者: 宮原暁(大阪大学) 通訳:岩田弥生(神戸学院大学)


8台湾史的誕生――以《台湾人四百年史》的影響為中心(台湾史の誕生――『台湾人四百年史』の影響を中心に)

 何義麟(国立台北教育大学) 評論者:春山明哲(早稲田大学・招聘研究員)

1240分~1310分 昼食 (弁当代750円:821日までに事前申込)

1310分~1450分 第5分科会(日本統治期の経済と社会)

9植民地台湾の金融市場 今井孝司(帝塚山大学)

 評論者: 湊照宏(立教大学)

10押川則吉と台湾総督府殖産部(1895~1897 やまだあつし(名古屋市立大学)

 評論者:北川勝彦(関西大学・名誉教授)

1510分~1650分 第6分科会(原住民と台湾認識)

1119世紀後半ドイツ帝国の台湾認識――雑誌記事から見た台湾地理空間 ファビエン・ホーファー(大阪大学・院)

 評論者:原英子(岩手県立大学)


12台湾原住民女性と「帝国」日本(仮題) 松田京子(南山大学) 

 評論者:中村平(広島大学)

終了あいさつ


[PR]
by yukiko_sakaida | 2018-08-24 10:27 | 学術交流
<< 10月例会のご案内 東海地区9月例会のお知らせ >>