■「中国企業経営の文化的土壌と技術移転」研究プロジェクト 2005年度 第2回研究

来る7月30~31日、立命館大学 琵琶湖・草津キャンパスで、以下のようなシンポジウムを開催します。皆様のご参加をお待ちしています。準備の関係上、参加ご希望の方は、富澤芳亜までメールにて御連絡ください。

1.日時: 2005年7月30日(土)10:00~

2.場所:立命館大学 琵琶湖・草津キャンパス、エポック立命21 K305

3.参加費 無料

4.主催:科研基盤研究B「中国企業経営の文化的土壌と技術移転-『中国社史目録』編纂を基礎として-」(研究代表者:金丸裕一)

5.会議日程

7月30日(土)   9:30 受付開始(10:00 開会)

10:00-10-40開会挨拶と趣旨説明 金丸裕一(立命館大学)
 10:40-12:00 第1報告と討論
       李培徳(香港大学亜洲研究中心)
       「論包、保、報與清末官督商?企業
           -以盛宣懐経営漢陽鉄廠、中国鉄路総公司、中国通商銀行為例」
       司会:富澤芳亜、コメンテーター:萩原充

 13:00-14:20第2報告と討論
       陳慈玉(中央研究院台湾史研究所)
       「近代臺湾的鹽業與?業-技術革新與産業転型的一個案」
       司会:萩原充、コメンテーター:湊照宏、加島潤

 14:40-16:00第3報告と討論 午後2時40分~4時
       峰毅(東京大学大学院経済学研究科) 「戦間期東アジアにおける化学工業の勃興」
       司会:金丸裕一、コメンテーター:長島修

 16:10-17:30第4報告と討論
       馮筱才(復旦大学歴史系)
       「技術、人脈与時勢-蔡声白與美亜企業集団的興衰、1920-1950」
       司会:富澤芳亜、コメンテーター:奥村哲

7月31日(日)

  9:30-10:50 第5報告と討論 午前9時半~10時50分
       陳計堯(台湾・東海大学歴史系)
       「民国時期上海華資企業移植西方会計制度問題初探
            -中華煤球公司為探討論中心(1926-1936)」
       司会:奥村哲、コメンテーター:久保亨

 11:00-12:20 第6報告と討論 午前11時~12時20分
       富澤芳亜(島根大学)
       「在華紡の遺産-中国紡織機器公司の設立と西川秋次」
       司会:萩原充、コメンテーター:金丸裕一

 13:20-15:00 総合討論と閉会挨拶
       司会:久保亨、コメンテーター:山崎敏夫、朱蔭貴、王笛、吉田建一郎
       閉会挨拶:長島 修

* 中日両国語の報告要旨を準備する予定です。当日の報告の際には、通訳を付けません。
  コメントには通訳を付け、討論の時も適宜通訳を付けます。
** 今回の研究会は立命館大学社会システム研究所「中国企業文化研究」プロジェクトとの共催により開催されます。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2005-07-29 15:37 | 学術交流
<< ■第2回日韓両地域の中国近現代... ■中国系移民の選択的アイデンテ... >>