東 ア ジ ア 地 域 研 究 会 2005年度研究大会のお知らせ

2005年度の研究大会(第48回例会)を、以下の場所・日程で実施します。
第一日には自由論題報告4本、第二日は共通論題報告4本、いずれも、東アジア地域の経済社会変動の過去と今を貫く前衛的な問題意識に立った、意欲的な報告テーマが揃いました。
会場は、京都駅徒歩1分の利便性の高い場所であり、会員皆様のご参集をお待ちしています。

日程:2005年12月3日(土)~12月4日(日)午前9:30開始
場所:キャンパスプラザ京都(www.consortium.or.jp/campusplaza/access.html参照)
◆第一日: 自由論題報告(12月3日9:30開始~13:00終了)
 ・張宏翔(京都大学・院)「中国における企業の税収負担不公平に関する一考察」
 ・Than Than Aung(名古屋大学・院)”An Analysis of Social Economic Condition of
Myanmar Migrant Workers in Thailand: The Case of Chonburi Province”
 ・泉川普(広島大学・院)「1930年代における在ジャワ日本人の商業活動と日本製品流通」
 ・戴龍(名古屋大学・院)「中国の競争法政策の現状と課題」
(以上、報告30分+質疑10分程度)
(自由論題報告後、運営委員会を実施)

◆第二日: 共通論題報告(12月4日10:00開始~16:50終了)
 前半(司会:西口清勝)
・松野周治氏(立命館大学)「東北アジア地域協力の意義と可能性:中朝ロ国境地域を
中心に」(10:00~10:55)
・西澤信善氏(近畿大学)「ASEANと東アジア共同体」(11:00~11:55)
後半(司会:上原一慶)
・渡辺治氏(一橋大学)「日本の対米・対アジア政策の交錯」(13:00~13:55)
・浅野亮氏(同志社大学)「中国のアジア統合構想の実質」(14:00~14:55)
ディスカッション(15:00~16:50)

問合せ:(事務局)神戸大学大学院国際協力研究科・金子由芳(ykaneko*kobe-u.ac.jp)
 *を@に変えて送信してください
[PR]
by yukiko_sakaida | 2005-11-28 12:21 | 学術交流
<< 中国社会文化学会12月京都例... ■11月例会 >>