2006年秋・日本上海史研究会主催ワークショップ(合宿)のご案内

テーマ:「中華人民共和国成立前後における中国都市社会管理システム形成の再検討」

日時:9月17日14:00~18日12:00

会場:龍名館本館・龍の間(千代田区神田駿河台3-4、℡:03-3251-1135)
会費:宿泊費及び懇親会費1万円ほど(学生・院生割引有り)
参加希望者は9月12日までに下記のアドレス宛ご連絡下さい。
takatsuna.hirofumi(アットマーク)nihon-u.ac.jp

9月17日(日曜日)
総合司会:岩間一弘・石川照子(敬称は省略、以下同じ)
14:00~14:10
挨拶:髙綱博文

14:10~15:20
ワークショップ報告(1):「中華人民共和国初期の上海における人口政策と生殖コントロールの普及」報告者:
 小浜正子、コメンテーター:福士由紀

15:20~16:30
ワークショップ報告(2):「1950年代中国都市における食糧配給制度の導入過程-上海市を事例として」
 松村史穂、コメンテーター:菊池敏夫

16:30~16:40
コーヒーブレイク

16:40~17:40
個別報告:「民衆教育館による社会教育活動の具体像―1930~40年代 天津の事例を中心に」
  報告者:戸部健、コメンテーター:秦惟人

17:40~18:30
上海関係新刊書紹介:(報告者)石島紀之、前田輝人、山村睦夫、鈴木将久など

19:00~21:00
懇親会・高英さんの送別会

9月18日(月曜日)
9:00~10:10
ワークショップ報告(3):「単位制度研究の概要」
  報告者:谷川真一、コメンテーター:金野純

10:10~11:20
ワークショップ総合討論
11:30~12:00
 事務局報告
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-09-11 13:09 | 学術交流
<< 第6回旧植民地資料に関するワー... シンポジウム「日本の青島占領と... >>