第6回旧植民地資料に関するワークショップ

国際ワークショップ 「中国東北と日本」

会場
新潟大学国際センター地域・国際交流促進室(Conference Hall)
新潟大学総合教育研究棟D301

2006年9月23日 
第6回旧植民地資料に関するワークショップ(13:00~17:30)
1 「戦前の日印関係に関する『インド書誌』を作成して-アンダマン・ニコバル、インド国民軍、インパール作戦を中心した資料の状況について-」
松本脩作(元アジア経済研究所図書資料部)
2 「アジア歴史資料センターの現状と新システムについて」牟田昌平(アジア歴史資料センター) 
3 「構築中の「デジタルアーカイブス『近現代アジアのなかの日本』について-中間報告」(仮題)泉沢久美子(日本貿易振興会アジア経済研究所図書館) 
4 「山口大学経済学部東亜経済研究所の所蔵文献」(仮題) 大庭平四郎(元山口大学経済学部東亜経済研究所)
5 「『東亜治安体制』をめぐる史料状況-外務省警察・興亜院文教部・『満洲国』治安法制-」荻野富士夫(小樽商科大学商学部)
6 「近現代の史資料の保存修復について」金山正子(元興寺文化財研究所記録資料調査修復室)

2006年9月24日(日)
国際ワークショップ「中国東北と日本」(10:00~17:00)
1 「吉林省档案館所蔵歴史档案概要」劉敏(中国・吉林省档案館歴史档案管理処処長)
2 「吉林省档案館所蔵関東憲兵隊司令部档案と満洲中央銀行档案」趙玉潔(中国・吉林省档案館歴史档案管理処副処長)
3 「中国社会科学院近代史研究所図書館所蔵の日中関係資料紹介」段梅(中国社会科学院近代史研究所図書館・副館長)  
4 「満鉄北満経済調査所、北支経済調査所の刊行物の概要-満鉄資料館所蔵資料を中心に」孫彤(吉林省社会科学院満鉄資料館・副研究員) 

総括質問とまとめ
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-09-11 13:13 | 学術交流
<< 10月例会のご案内 2006年秋・日本上海史研究会... >>