2006年度東京大学シンポジウムのお知らせ

近現代中国と東アジアの公共性――自由と統合をめぐって

主催:東京大学大学院総合文化研究科、国立政治大学歴史学系
      2006年度東京大学基金東大シンポジウム開催経費助成
      2006年度財団法人交流協会共同研究事業助成

 日時:2006年10月14日(土)~15日(日)
 場所:東京大学駒場キャンパス18号館
    14日 コラボレーションルーム1(4階) 午前9:00受付開始
    15日 18号館ホール(1階)       午前8:50受付開始


********* プログラム **********************

【10月14日】         ==自由論題報告==    *使用言語は中国語

9:30-9:45   開会の挨拶 (東京大学・村田雄二郎)

9:45-11:15  第一セッション「『外』からみた中国近現代史」
  小軍(東京大学・院)「キャフタ会談早期開催に向けたロシアの努力と内蒙古問題」
  大澤肇(東京大学・院)「汪兆銘政権の教育事業と教員層」
  戴振豊(政治大学・院)「<吉田茂の中国観研究(1907-1954)>に関する研究成果」

   司会:小川唯(東京大学・院)
   コメンテイター:Uradyn E.BULAG(ニューヨーク市立大学)、姜進(華東師範大学)、
           楊志輝(早稲田大学)

11:15-11:30  ―休憩―

11:30-12:30  第二セッション「中国における制度の現代化」
  楊秀菁(政治大学・院)「国民政府時期の労働法制の確立」
  竹元規人(東京大学・院)
           「中央研究院第一回院士選挙より見る二十世紀前半期中国の学術」

   司会:廣池真一(国際宗教研究所)
   コメンテイター:呉重慶(中山大学)

12:30-13:45  ―昼食―
 
13:45-14:15  テーマ講演
楊瑞松(政治大学)「“東亜病夫”と黄禍―近代中国思想界の“自我東方化”」
   司会:若松大祐(東京大学・院)   

14:15-14:30  ―休憩―

14:30-16:00  第三セッション「中国の現代化と地域社会」
  呉俊瑩(政治大学・院)「1910-1911年、東北のペスト流行から見た内政と外交の連動」
  周春燕(政治大学・院)「近代上海租界の汚物処理と公共衛生(1860-1920)」
  小川唯(東京大学・院)
          「第一次大戦後の道徳教育学説論争からみた近代中国デモクラシー思潮」

   司会:小野寺史郎(東京大学)
   コメンテイター:水羽信男(広島大学)、飯島渉(青山学院大学)、姜進(華東師範大学)

16:00-16:15  ―休憩―

16:15-17:45  第四セッション「東アジアと冷戦」
  蕭道中(政治大学・院)
            「中華民国と国際連合―1955年“整批交易”加盟案についての研究」
  林本原(政治大学・院)「台湾の公営海運建設と日本(1945-1957)」
  若松大祐(東京大学・院)
              「アジア・太平洋におけるアメリカ研究―戦後日本の国際学術交流」

   司会:竹元規人(東京大学・院)
   コメンテイター:土田哲夫(中央大学)、白永瑞(延世大学)

17:45-18:00  閉会の挨拶(政治大学・薛化元)
 
18:30-     レセプション

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【10月15日】   ==シンポジウム==
                  *使用言語は原則として中国語ですが,補助通訳も適宜

9:00-9:15   開幕の辞 (東京大学・村田雄二郎)

9:15-10:15   基調講演
  若林正丈(東京大学)「台湾において民主・自由は何ができるか?」
  唐啓華(政治大学)「北洋外交研究と民国史の再解釈」

10:15-10:30  ―休憩―
 
10:30-12:00  第一セッション「エスニシティと正統性」
  Uradyn E.BULAG(ニューヨーク市立大学)「歪められた語彙への抵抗
                           ―中国のエスニシティと主権国家化」
  麻国慶(中山大学)
         「越境する狩人から公民へ―近代以来の諸政策とオロチョン族の社会変動」

   司会:飯島渉(青山学院大学)
   コメンテイター:平野聡(東京大学)、呉重慶(中山大学)

12:00-13:30  ―昼食―

13:30-14:00  基調講演
  久保亨(信州大学)
    「東アジア資本主義に関する一試論―両岸三地の経済発展を手がかりとして」

14:00-15:30  第二セッション「ナショナリズムの社会表象」
  李恭忠(南京大学)「中山陵―ある公共記号の誕生」
  王文隆(政治大学・院)
    「戦後台湾の中学・高校地理教科書における祖国の想像(1949-1999)」

   司会:村田雄二郎(東京大学)
   コメンテイター:白永瑞(延世大学)、吉澤誠一郎(東京大学)

15:30-16:00  ―コーヒーブレイク―
 
16:00-17:30  第三セッション「支配と学知」
  水羽信男(広島大学)「王贛愚の民主主義思想―自由論を中心として」
  鄭麗榕(政治大学・院)
          「読書と政治―後藤新平台湾統治期(1898-1906)を事例として」

   司会:土田哲夫(中央大学)
   コメンテイター:姜進(華東師範大学)、薛化元(政治大学)

17:30-18:00  総合討論(及び閉幕の辞)
   司会:薛化元(政治大学)、村田雄二郎(東京大学)

19:00-    懇親会

--------------------------------------------------------------------------
開催責任者:東京大学/村田雄二郎、国立政治大学/薛化元・唐啓華

お問い合わせ:東京大学総合文化研究科 村田雄二郎研究室(03-5454-6418)

*14日の参加を希望される方は、お手数ですが、
事務局・中村元哉(motoyanakamura#hotmail.com)まで事前にご連絡下さい。
会場の都合により、参加者多数の場合は先着順とさせていただきます。
[PR]
by yukiko_sakaida | 2006-09-27 09:46 | 学術交流
<< 会場変更のお知らせ 中国現代史研究会例会 >>