日文研・横断シンポ「戦争・メディア・ジャンル」

 国際日本文化研究センターでは、来る2007年1月26日午後から27日夕刻まで、各共同研究会にまたがり、最近研究の進展著しい「第二次大戦とメディア」に関連し、また「戦争詩」など関連するジャンルについてのシンポジウムを行います。下記のプログラムにつき、ディスカッサントとしての参加者を募集していますので、ふるってご参加くださいますようお願いします。

1月26日(金曜日)
 午後1時30分 趣旨説明 鈴木貞美(日文研)
 午後2時00分 川島真(東京大学) 「日中戦争期における重慶発ラジオ放送と日本の傍受活動」
        コメント・孫安石(神奈川大学)
 午後4時00分 貴志俊彦(島根県立大学) 「戦時期上海の印刷業界の苦悩と希求-『芸文印刷月刊』(1937~1940)を通じて」
        コメント・劉建輝(日文研)
 午後6時30分 懇親会

1月27日(土曜日)
 午前10時00分 坪井秀人(名古屋大学) 「記憶装置としての戦争詩 ──before and after Dec. 8 1941」
        コメント・堀まどか(総研大文化科学研究科院生)
 昼食12:00分
 午後1時30分 瀬尾育生(首都大学)  「モダニズムの時間と戦争」
 午後2時30分 リース・モートン(東工大) 「戦争詩と戦争責任」
   4時00分 総合討論 
[PR]
by yukiko_sakaida | 2007-01-20 22:49 | 学術交流
<< 中華人民共和国の60年を問う―... シンポジウム「地域研究と情報学... >>