表象文化の近代東アジア-場・構造・力をめぐって

日本大学文理学部人文科学研究所「表象文化の近代東アジア-場・構造・力をめぐって-」共同研究会講演会

講演者:孫 歌 氏(中国社会科学院文学研究所研究員・東京大学社会科学研究所客員教授)

テーマ:「丸山真男における国際政治の視座」

日時:2008 年1 月25 日(金)15:00~17:30

場所:文理学部百周年記念館 会議室3(文理学部のアクセスマップは下のURLにあります。百周年記念館は正門の道路を隔て手向かいの新しい建物です)

[ご案内]
このたび、中国社会科学院文学研究所研究員の孫歌さんをお招きし、上記の要領で研
究会を開催することになりました。孫歌さんは中国文学、比較文学の領域で研究活動を続けてこられましたが、近年では『アジアを語ることのジレンマ――知の共同空間を求めて』(2002 年、岩波書店)、『竹内好という問い』(2005 年、岩波書店)などの著作に代表されるように、東アジア思想史の領域で大変に影響力の強いお仕事をなさっています。研究会は共同研究の
メンバー以外の方も自由に参加できますので、この機会に是非ふるってご参加下さい。(講演の使用言語は日本語で行われます。)
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-01-21 08:44 | 学術交流
<< 東海地区例会のお知らせ 仙人の会 例会 >>