中国研究データベース・ワークショップ

中国研究データベース・ワークショップ
「中国における映像アーカイブと中国研究への応用」のお知らせ

(財)東洋文庫現代中国研究資料室は、日本における現代中国研究のレベルアップを目指して、大学共同利用機関法人・人間文化研究機構と財団法人東洋文庫が共同で設置し、昨年度より運営を開始した組織です。当資料室では、事業の一部として資料情報の収集や国内外諸機関との連携を行い、将来的には収蔵資料のデータベース化を目指しています。

今回は上記研究事業の一環として、20世紀中国の画像資料とその研究への応用について、専門家を招き下記要領でワークショップを開催します。よろしくご参加ください

「中国における映像アーカイブと中国研究への応用」
・日時:5月16日(金) 18:00~21:00
・会場:(財)東洋文庫3階講演室
・報告者と報告テーマ:
長井暁(NHK放送文化研究所主任研究員、東京大学大学院客員准教授)
「中国における映像アーカイブと中国研究への応用」
・コメンテーター:
山内隆治(株式会社東宝ステラ)

*参加には、会場整備の都合から、申し込みが必要です。
詳しくは、当資料室ウェブサイトのトップページをご覧ください。
http://www.tbcas.jp/ja/index.html
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-05-06 00:08 | 学術交流
<< 特別例会「近代中国における都市... シンポジウム「高校教育における... >>