関西日中関係学会夏季講演会のお知らせ

夏季講演会
                            2008年6月  
                          関西日中関係学会


 四川大地震は大きな試練を中国にもたらしていますが、北京オリンピックもいよいよ真近に迫ってきました。中国の人々の暮らしと表情、中国をとりまく内外の情勢についての第一線の報告です。

日時:2008年7月5日(土)、2時―5時
*開場:1時30分
会場:(大阪)弁天町市民学習センター(オーク2番街7階)、℡(06)6577-1430)
◎大阪・環状線弁天町駅北口より3分 ◎地下鉄中央線「弁天町駅」西口2A出口、連絡通路を通り、中央エレベーターで7階へ)
会費:会員は無料、非会員は500円

講演

   1 中国老百姓の今―『中国低層訪談録:インタビューどん底の世界』を読む―
      講師 劉燕子(中国湖南省出身、藍・BLUE文学会代表)

   2 北京五輪前の中国情勢を読む
      講師 藤野彰(読売新聞編集委員)
    *『臨界点の中国―コラムで読む胡錦濤時代』集広舎/中国書店、2007

5時30分より、懇親会(会費:5000円)

準備の都合上、出欠のご返事を7月2日(水)までにFAXにてお知らせ下さい。
関西日中関係学会事務局(林) 神戸華僑歴史博物館内
FAX:(078)331-9530    ℡:(078)331-3855
[PR]
by yukiko_sakaida | 2008-06-30 01:31 | 学術交流
<< 国際共同シンポジウムのお知らせ 7月例会のお知らせ >>