人気ブログランキング |

カテゴリ:月例会・総会案内( 89 )

特別例会

日時: 2019年9月19日(木) 15時30分~17時30分
場所: 神戸大学大学院経済学研究科会議室(六甲台第1キャンパス本館二階)

報告1 藤井大輔氏(大阪経済大学経済学部)
「中国の東南アジアへのFDIは効率的なのか?」

報告2 寳劔 久俊氏 (関西学院大学国際学部)
「中国農村の就業構造変化による農業労働の女性化:家計調査に基づく実証分析」

討論者 
三竝康平氏(帝京大学経済学部)
梶谷懐氏(神戸大学大学院経済学研究科)

主催:神戸大学現代中国研究拠点
共催:六甲フォーラム、中国現代史研究会


by yukiko_sakaida | 2019-08-03 12:13 | 月例会・総会案内

総会シンポジウム「『普遍的価値』の危機と知識人の役割--現代中国からの視点--」

開催日時:2019年3月22日(金)13時30分~18時
共催: 神戸大学現代中国研究拠点
会場:大阪商業大学梅田サテライトオフィス 
(グランフロント大阪タワーA(南館)16階 http://ouc.daishodai.ac.jp/satellite/)
参加費:500円

13:30-13:40 趣旨説明 王柯会員(神戸大学)
13:40-15:00 基調講演 呉国光氏(カナダ・ヴィクトリア大学)
「人文社会研究与价值关怀:从韦伯到后全球化時代(人文社会学研究と普遍的価値への関心:ウェーバーからポスト・グローバリゼーションの時代へ)」
15:00-15:10 休憩
15:10-15:50 石井知章会員(明治大学) 「現代中国における普遍的<近代>の模索」
15:50-16:30 倉田徹氏(立教大学) 「『世界標準』か、『中国の特色』か:香港の民主・自由・法治」
16:30-16:50 休憩
16:50-18:00 パネルディスカッション(質疑応答含む): 呉国光氏(カナダ・ヴィクトリア大学)、石井知章会員(明治大学)、倉田徹氏(立教大学)、阿古智子会員(東京大学)、水羽信男会員(広島大学)
18:00-18:10 総括 王柯会員(神戸大学)
            
趣 旨
 「今日、士風は日々下り、学林が腐敗し、趨炎附勢の者が横行し、これを目の当たりにして権勢に身を預ける者ばかり、学者としての節操と誇りを殆ど失ってしまった」。これは最近中国の思想界で注目されている在野の学者栄剣が2012年に発表した「重慶詣でに走った学者たち」と題する論文のなかで、「純粋に利益とチャンスを得るために争って」、薄熙来の「重慶モデル」に讃美を送る中国の知識人の堕落に対する痛烈な批判である。2018年11月、彼はハーバード大学フェアバンク・センターで、「権力との関係性」の視点から学者の「独立人格」と「基本節操」を再び問い詰めた。その問いは中国の現状についての問いだけではなく、世界中の知識人、とくに中国研究に従事する者に対する問いであると強く感じられる。
 1949年以前、中共は自由、民主、憲政を用いて国民政府の正当性を問い、そして国民に自由、民主と憲政をもたらすことを約束して政権を取り、またそれを「憲法」(例えば第35、36条)にも入れた。しかしこれらの約束は果たされたのか、または果たそうとしたのか。近年の中国を巡る社会と政治の状況を見れば、その答えはノーである。しかし「極権政治」・恐怖政治の前に、大半の研究者が人権状況の悪化に目を瞑って「自己審査」を貫き、強権政治にエールを送る「学者」に学界のリーダシップを譲ってしまい、普遍的価値が無視されつつある空気の中で有名無実な「研究」が横行し、中国の人文社会研究における学術の空洞化は実に無視できないほど日々拡大している。
 改革開放が始まってから、中国経済の規模とその国際社会における存在感は疑いなく増大した。しかし経済の発展は民主主義と法治を無視する一党独裁体制の正当性の証明になりうるのか、経済規模の増大は自由・平等や人権など普遍的価値が無視される理由になりうるのか。そして、新中間層の登場と増大化がなぜ中国で市民社会の成長をもたらさなかったのか。これらの問題に直面し、思考停止している知識人もいる一方で、その根源的な原因について思考を深めている知識人もいるはずである。「国家の嗜好」に迎合する「学術」は人間の思考力と価値観を破壊し、恐怖政治の助け舟になる。中国で発生した「普遍的価値」の危機とそのなかで「知識人」が果たした役割について栄剣が耳が痛くなるほど鳴らした警鐘は、学術研究と現実の社会との距離、そこに暮らす人々に対する人道的関心(humanitarian
concerns)との関係を再考させる。本シンポジウムはこうした問題意識に基づいて設定された。故趙紫陽総書記の政策立案に携わった著名な政治学者、現在カナダのビクトリア大学で教鞭をとる呉国光教授が基調講演をするほか、学界で活躍している研究者も数名登壇し、日本における現代中国研究にとっても有益な議論が展開されることは期待される。



by yukiko_sakaida | 2019-03-09 16:16 | 月例会・総会案内

10月例会のご案内

以下の日程で10月例会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

日時:10月13日(土)午後予定

場所:大阪商業大学 研究棟2階 ミーティングルーム

報告者:

松宮貴之会員(佛教大学)

「1963年から文革に至るまでの郭沫若の漢詩の在所と書 -郭沫若「満江紅」詩の社会史的意義を中心にして」



by yukiko_sakaida | 2018-09-16 21:43 | 月例会・総会案内

中国現代史研究会特別例会: 中国のフィンテックとイノベーションに関するワークショップ

中国のフィンテックとイノベーションに関するワークショップ

(神戸大学六甲フォーラムとの共催)


日時: 8月1日(水)14時~17時30分

(神戸大学六甲台1キャンパス、第Ⅲ学舎1F西)

阪神「御影」駅、JR「六甲道」駅、阪急「六甲」駅から,
神戸市バス36系統鶴甲団地行、鶴甲2丁目止まり行き乗車「神大正門前」下車

第一報告:伊藤亜聖氏(東京大学)
「中国における社会実装型イノベーションのメカニズム」

第二報告:水ノ上智邦氏(徳島文理大学、趙彤氏(徳島大学) 
    「中国P2Pネット金融プラットフォームのイベントヒストリー分析」

討論者:梶谷懐氏(神戸大学)、劉亜静氏(広島修道大学)


以上


by yukiko_sakaida | 2018-06-08 19:00 | 月例会・総会案内

2018 年総会・研究集会

日時:2018 年 3 月 3 日(土)~4 日(日) 場所:谷岡学園梅田サテライトオフィス
大阪市北区大深町 4 番 20 号グランフロント大阪タワーA(南館)16 階

3 月 3 日(土)
12:45-受付開始
13:15-13:45総会
14:00-18:00シンポジウム「1930-1940 年代の戦時動員と軍」
19:00-21:00懇親会

シンポジウム
14:00-14:10趣旨説明 菊池一隆会員(愛知学院大学)
14:10-14:45第 1 報告 阿南友亮氏(東北大学)
「中国人民解放軍はどのように形成され、現代中国に何をもたらしたのか?―近現代中国の党・軍・社会に関する論点と試論―」
14:45-15:20第 2 報告 井上久士会員(駿河台大学)
「抗戦期陝甘寧辺区の諸問題」
15:20-15:55第 3 報告 大沢武彦会員(国立公文書館)
「中国共産党による戦時動員と基層社会―東北解放区を中心に―」

15:55-16:10休憩
16:10-16:40 コメント 馬場毅会員(愛知大学名誉教授)
16:40-18:00 総合討論
司会 菊池一隆会員(愛知学院大学)

3 月 4 日(日)
9:30-12:20自由論題Ⅰ
第 1 報告 小都晶子会員(立命館大学外国語嘱託講師)
「戦後中国国民政府の東北水利接収」
第 2 報告 向野康江会員(茨城大学)
「向野堅一(1868~1931)と玄洋社―向野堅一記念館保管の向野書簡を中心に―」
13:30-16:20自由論題Ⅱ
第 3 報告 安達満靖会員(愛知大学国際問題研究所客員研究員)
「中国農業と食品産業関連企業―日中協力の可能性と課題―」
第 4 報告 小林隆夫会員(愛知学院大学)
「イギリスと中国のチベット侵攻」


by yukiko_sakaida | 2018-02-22 10:59 | 月例会・総会案内

シンポジウム「東亜同文書院、アジア主義、対日協力政権

以下の日程で12月例会として書評会を開催いたします。皆様奮ってご参加ください。
シンポジウム「東亜同文書院、アジア主義、対日協力政権― 『近代日中関係史の中のアジア主義』、『書院生、アジアを行く』、『対日協力政権とその周辺』の書評を中心として」
共催:愛知大学国際問題研究所、愛知大学東亜同文書院大学記念センター、中国現代史研究会、日本上海史研究会

日時:12月17日(日)13:00-17:00(予定)
趣旨説明:馬場毅会員
報告者:
『近代日中関係史の中のアジア主義』:堀井弘一郎氏
『書院生、アジアを行く』:野口武会員
『対日協力政権とその周辺』:髙綱博文会員
書評に対する各巻ごとの全体的なリプライ:馬場毅会員、加納寛氏、三好章会員
各執筆者のリプライ
全体討論

by yukiko_sakaida | 2017-11-17 19:32 | 月例会・総会案内

11月例会(関西地区)

11月例会(関西地区)を以下の日程で開催いたします。こちらも奮ってご参加ください。
日時:11月25日(土) 15:00~17:00
場所:大阪商業大学 研究棟2F ミーティングルーム
報告者:
渡辺直土会員(熊本大学)
「現代中国の中央全面深化改革指導小組に関する研究」
また、中国現代史研究会では、例会の報告者を募集しております。
報告時間は50分程度、内容は近現代中国に関係することであれば何でもかまいません。
研究報告をお考えの方は、下記の要領でぜひ奮ってお申し込みください。



by yukiko_sakaida | 2017-11-17 19:30 | 月例会・総会案内

例会案内




今週末開催予定の7月例会について、プログラムに変更がありますので、お知らせします。皆様奮ってご参加ください。

日時:7月1日(土) 15時~18時
会場:大阪商業大学 ネットワークレクチャールーム
    (U-メディアセンターGATEWAY(図書館)4F突き当たり)
    http://ouc.daishodai.ac.jp/campusmap
交通、アクセス: 
近鉄奈良線「河内小阪駅」より徒歩約6分
     http://ouc.daishodai.ac.jp/access

報告者:
 吉村園子会員(立命館大学院生)
「『新聞報』の読者欄に見る上海市政府への期待と失望ー1946年10月~1947年2月」

秋田朝美会員(京都大学経済学研究科研究員)
「1933年棉麦借款とその後ーアメリカ側史料を中心にー」


--------------------------------------------------------------------------

また、中国現代史研究会では、2017年7月以降の研究例会の報告者を募集しております。
報告時間は50分程度、内容は近現代中国に関係することであれば何でもかまいません。
研究報告をお考えの方は、下記の要領でぜひ奮ってお申し込みください。

            記

 申し込みに当たっては、ご氏名、ご所属ならびに報告テーマ、報告を希望される時期を明記の上、
下記の連絡先までお申し込み下さい。
なお、開催日時は基本として土曜日の14時~17時、会場は近畿圏内の大学施設での開催を予定しております。

募集締切: 随時受け付け

連絡先:

梶谷懐会員: kaikaji#yahoo.co.jp (#を@に変えて下さい)

根岸智代会員 negi_86#yahoo.co.jp
     
by yukiko_sakaida | 2017-06-28 00:33 | 月例会・総会案内

2017年総会・研究集会

・日程:2017年3月18日(土)、3月19日(日)
・会場:大阪商業大学(谷岡学園)・梅田サテライトオフィス(確定です)
   大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪タワーA(南館)16階
   (JR大阪駅から直結、徒歩約3分
      
・シンポジウム「アウトローと近現代中国」(3月18日)
・報告者:衛藤安奈氏(慶應義塾大学)、村上衛氏(京都大学)、阿古智子会員 (東京大学)
・コメンテーター:蒲豊彦氏(京都橘大学)、渡辺直土会員(熊本大学)
・司会:梶谷懐会員(神戸大学)

・自由論題報告(3月19日)
by yukiko_sakaida | 2016-12-28 21:41 | 月例会・総会案内

特別例会(「『大分岐』と『大収斂』プロジェクト」書評ワークショップ)のお知らせ

中国現代史研究会では、「『大分岐』と『大収斂』プロジェクト」との共催企画(特別例会)としまして、下記の要領で書評ワークショップを開催いたします。課題図書として岡本隆司会員、故・加藤弘之会員の著作もとりあげられますので、ご関心がおありの方は奮ってご参加ください。
 

日時:2017年1月9日(月・祝)13:00~18:00
場所:立命館大学大阪いばらきキャンパスB棟4階研究室①
タイムテーブル:
   13:00 開会・趣旨説明
   ◆第一部:「史学」から見る世界の多元性~『中国の論理』を起点に
   13:15 ①小笠原弘幸(九州大学)「『中国の論理』を<イスラーム世界>に適用する―歴史認識を中心に」
   14:00 ②岡本隆司(京都府立大学)「リプライ:『イスラーム世界』と『東アジア世界』」

   14:45 小括質疑
   15:00 休憩
   ◆第二部:反/制度としての〈地域〉の論理~『「その日暮らし」の人類学』、『中国経済学入門』から
   15:15 ①梶谷懐(神戸大学)「 『意図せざる秩序』の形成ともう一つの資本主義
         ―加藤弘之と小川さやかの著作より―」
   16:00 ②小川さやか(立命館大学)「リプライ」
   16:45 小括質疑
   ◆第三部:全体討論
   17:00 全体討論
17:55 クロージング・リマーク
18:00 終了予定

課題図書:岡本隆司『中国の論理』(中公新書、2016年)、小川さやか『「その日暮らし」の人類学』(光文社新書、2016年)、加藤弘之『中国経済学入門』(名古屋大学出版会、2016年)
by yukiko_sakaida | 2016-12-18 10:45 | 月例会・総会案内