人気ブログランキング |

カテゴリ:月例会・総会案内( 89 )

7月例会のお知らせ

日時:7月12日(土)14:00~17:00
会場:神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
   A号館第一中会議室

報告1:
 村田 省一会員(神戸大学大学院文化学研究科博士課程)
  「1930年代における上海越界築路地域の画定と徴税問題について」
 
  コメンテータ 金丸裕一会員(立命館大学)

本報告は1930年代に上海共同租界側と中国側の間で行われた、「租界外の租界」と言うべき越界築路地域をめぐる交渉の中で、この地域の主権問題の解決がいかに図られようとしたのかを、越界築路地域の画定とそれに付随する当該地域の徴税問題を軸に考察するものである。交渉の中で中国側は当時の国際関係、特に日本の動向も踏まえた上で、越界築路地域を削減するかわりにこの地域における租界側の利権を一種追認するという妥協策を取っていたと見られる。これは30年代初めに出た越界築路地域共同管理の発想にも沿うものであったと思われる。

報告2:
   王萌氏(華東師範大学大学院歴史系博士課程・京都大学人文科学研究所研修員)
 「大連における在華紡に関する考察(1924-1945年)――満州福紡株式会社とその経営史について」

 本報告では本社を大阪においた元福島紡績株式会社が所蔵する当時満州福紡に関する経営文書を活用し、1924-1945年の経営状況が推察する。当該時期に、上海では在華紡と民族紡が激しく対抗していた。この時期に、日本国内ではカルテル綿業資本が大連(関東州における商港)及び満州(後に「満州国」)奥地へ進出する実態を究明し、ひいては戦前日、中、満三者の経済関係からみた満州在華紡の特別な経営上の性格及びその歴史的意義を把握したい。
by yukiko_sakaida | 2008-06-25 14:03 | 月例会・総会案内

特別例会「近代中国における都市と商会」

「近代中国における都市と商会」

期日:6月7日 午後2時より5時まで

会場:神戸華僑歴史博物館会議室

報告者:

 宋美雲(天津社会科学院)「中国における商会研究」

 大野太幹(愛知大学国際中国学研究センターICCS研究員)
   「満鉄付属地における商会」(仮)

 上田貴子(近畿大学)「東北における商会-奉天総商会を中心に」

宋美雲氏の略歴:『天津紹介档案』編纂。主要著書『近代天津商会』(天津社会科学出版社)など
by yukiko_sakaida | 2008-05-12 13:03 | 月例会・総会案内

5月例会のお知らせ

5月例会を以下の要領で開催します。奮ってご参加下さい。

日時:5月10日(土)14:00~17:00
会場:大阪商業大学 4号館 4F 4410

報告:

劉暉氏(南開大学歴史学院・愛知大学大学院中国研究科 博士後期課程)
   「鉄路与近代鄭州城市化進程:1905-1937」
20世纪初,平汉、陇海铁路干线相继筑成并交汇于郑州,交通区位优势为其城市化的推进带来了机遇。铁路作为郑州与外部世界进行物质、信息交流的媒介,其与商品经济等因子的复合作用,使得郑州逐渐摆脱中国社会传统机制的制约,从而推动了郑州城市工商业的发展、商品转运和金融等服务业的繁荣、城市人口的增长以及城市空间的扩容等,城市结构和功能亦随之发生改变。铁路交通网络的构建,扩大了郑州在中国中部地区的辐射能力,使其在市场贸易网络中日益扩张并成长为地区中心城市。近代郑州城市化的演进,体现了交通功能型城市发展的历史特点,也从一个侧面反映了近代中国城市发展和区域社会变迁的基本特征。


閻和平会員(大阪商業大学)
   「近年の住宅問題と住宅政策の動向」
経済発展・成長の中で住宅価格が急上昇している。それが富裕層の資産増に寄与している反面、中間層の持ち家取得を困難にし、さらに、低所得層の生活を困窮させている。
本報告は政府の住宅政策が今般の住宅価格急騰の一因となったこと、いま実施されている低所得層の住宅難を解消するための諸政策には問題がなお多いことなどを実証研究するものである。
by yukiko_sakaida | 2008-04-23 21:48 | 月例会・総会案内

総会シンポジウム・事前勉強会のお知らせ

 来る3月21日に開催いたします、総会シンポジウム「現代中国農村を問い直す:革命・戦争・近代化」の事前勉強会を下記の要領で開催いたします。参加は自由ですので、ご関心がおありの方はふるってご参加下さい。

               記

シンポジウム「現代中国農村を問い直す:革命・戦争・近代化」事前勉強会

日時: 2月23日(土) 14:00-17:00

会場:とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ」会議室2

交通: 阪急宝塚線豊中駅出てすぐ

報告: 1.青柳伸子会員「高橋伸夫著『党と農民』をめぐって」
    2.三品英憲会員「笹川裕史・奥村哲著『銃後の中国社会』をめぐって」
    3.梶谷懐会員「厳善平氏の農村研究」
by yukiko_sakaida | 2008-02-12 15:17 | 月例会・総会案内

2月例会

下記の要領で2月例会を開催いたします。開始時間が通常より1時間早くなっておりますのでご注意下さい。また会場はアクセスのよい立命館大阪オフィスとなっております。ふるってご参加下さい。

日時:2月9日(土)13:00~16:00

会場: 立命館大阪オフィス(立命館アカデメィア@大阪)7階7C

交通: 
・京阪本線・淀屋橋駅
・地下鉄(御堂筋線)・淀屋橋駅 
     京阪14-B出口 エスカレーター上すぐ
報告: 
西村成雄会員(大阪大学)「国民政府”政治統合”と東北要因」

書評会: 久保亨編『1949年前後の中国』(汲古書院,2006年)
by yukiko_sakaida | 2008-02-01 21:25 | 月例会・総会案内

2008年総会・研究集会について

 中国現代史研究会の2008年総会・研究集会の日程・会場、ならびにシンポジウムの概要について、下記の通りお知らせいたします。なお、各報告論題などのより詳しい情報は2008年1月に改めてご案内する予定です。
また、自由論題報告については引き続き募集を行っております。ご関心のあるかたは、11月30日までに報告題目(仮題でも結構です)、要旨(400字程度)を添え、研究会事務局までお申し込みください。応募者多数の場合など事務局で調整させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

          記
 
中国現代史研究会2008年総会・研究集会

日程  2008年3月21日(金)・22日(土)
場所  KKRびわこ 

シンポジウム「現代中国農村を問い直す―革命・戦争・近代化―」
(シンポジウム開催は21日の午後になります)

報告者: 高橋伸夫氏(慶應義塾大学)
     笹川裕史氏(埼玉大学)
     厳善平氏(桃山学院大学)

 中国現代史研究会恒例の春合宿では、昨年より「20世紀中国史再考」という枠組みの中で、現代中国に関する重要なテーマを改めて問い直すシンポジウムを企画している。昨年の「ナショナリズム」に引き続き、今回は20世紀の中国農村をとりあげる。

  使い古された表現を借りれば、20世紀は戦争と革命の時代であった。中国農村においても、「革命」「戦争動員」といった外部からの圧倒的な力が、かつて「停滞」の代名詞のようにいわれた伝統社会が近代化を遂げていくのに際して重要な役割を果たしたとされてきた。同時に、伝統社会の中に内在してきた「持つもの」と「持たざるもの」の間の緊張関係とその顕在化が、農村および農民が「社会主義化」していくにあたって大きな契機となったことも忘れてはならない。
 ひるがえって、改革開放後の中国農村においては、人民公社に代表される「社会主義建設」へのアンチテーゼとして、生産力と貨幣的利益の増大を最大の目的とする「もう一つの」近代化路線が追求されてきた。そして、「国家」による個人の権利保護が不十分なまま、少し前には農村幹部による過酷な費用徴収が、そして今また土地の強制収用の問題がクローズアップされるなど、「持つもの」と「持たざるもの」との緊張関係が「三農問題」という形であらためて先鋭化
してきているようにも思える。
 本シンポジウムでは、現代中国の変容は農村・農民への視点を抜きにしては語れない、という問題意識から、20世紀以降の中国農村の歩みを振り返り、そのなかで「変わったもの」「変わらないもの」はそれぞれ何か、そしてこれからの農村はどう変わりつつあるのか、改めて問い直す作業を行う。
by yukiko_sakaida | 2007-11-11 20:27 | 月例会・総会案内

11月例会のお知らせ

日時:11月24日(土)14:00~17:00
会場:神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
交通:各線「三宮」駅よりポートライナー「市民病院前」下車、西へ徒歩5分

報告:
●二宮一郎会員(大阪府立桃谷高校)
「現代中国の道教と道士―杭州道教協会の聞き取りから―」

●藤井大輔会員(神戸大学・院)
「中国内陸部における農村公共財に対する住民評価と問題点」
by yukiko_sakaida | 2007-11-08 09:52 | 月例会・総会案内

10月例会のお知らせ

日時:10月27日(土)14:00~17:00

場所 大阪商業大学  U-メディアセンター(図書館)4F ネットワーク・レクチャールーム
交通:近鉄奈良線河内小阪駅より徒歩5分


報告:
 鈴木昭吾会員(広島大学・院)
 「清末、新政期における士官養成制度改革」

 溝口歩会員(神戸華僑歴史博物館研究員)
「英領マラヤ華僑の栽培業の変遷」  
by yukiko_sakaida | 2007-10-14 17:12 | 月例会・総会案内

7月例会

日時:7月7日(土)14:00~17:00

報告:
溝口歩会員(神戸華僑歴史博物館・研究員)
    「英領マラヤにおける華僑農園の形成と発展」

加藤弘之会員(神戸大学)
    「いま中国研究を問い直す」


会場:神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
交通:各線「三宮」駅よりポートライナー「市民病院前」下車、西へ徒歩5分
by yukiko_sakaida | 2007-06-16 11:33 | 月例会・総会案内

4月例会

日時:4月21日(土)14:00~17:00

会場:大阪商業大学 
   U-メディアセンター「GATEWAY」4Fレクチャールーム

報告者:
 呉青姫氏(神戸大学・院)
 「土地制度と労働力移動」
 コメンテータ;上原一慶会員(大阪商業大学)

 要旨;
 既存研究で労働移動は農家家計1人あたりの土地面積と大きな関連性を持っていることはすでに議論されてきたことである。また農家にとって土地とは社会保障的な役割を持っていることもすでに議論されてきた。しかし中国の土地制度は地域によって異なり、それが農家の就業選択行動に与える影響も大きい。今回の発表では1995年と1997年の河北省と遼寧省の農家個標データ(CLSS)を用いて土地交易市場状況、土地再調整策、そして土地性質等が労働移動に与える影響を分析することを目的としている。

 梶谷懐会員(神戸学院大学)
 「土地収用問題と中央ー地方関係:財政・金融からの視点」
 
大商大へのアクセス

キャンパスマップ 
by yukiko_sakaida | 2007-04-08 21:26 | 月例会・総会案内