人気ブログランキング |

カテゴリ:その他( 13 )

中国ドキュメンタリー映画上映会のお知らせ

三峡ダム建設で水没する中国内陸部の街の様子を活写し、2005年度の山形国際ドキュメンタリー映画祭で大賞を受賞するなど国際的に高い評価を得た作品の自主上映会を行います。ふるってご参加ください。

日時: 12月22日(土) 15:00より
場所: 神戸学院大学ポートアイランドキャンパスB105教室
交通:各線「三宮」駅よりポートライナー「市民病院前」下車、西へ徒歩5分


上映作品:『水没の前に』(中国、143分)
監督:李一凡(リ・イーファン)
作品紹介: 2009年完成予定の世界最大の三峡ダム。何百、何千の人々が住居を失い、多くの町が貯水の水位下に沈む。そのひとつ詩人李白で有名な重慶市奉節の町にカメラは目を向ける。住み慣れた家々はいとも簡単にダイナマイトで壊され、水没する町から移転する人々の葛藤や先の生活への不安も至る所で噴出。
壮大な歴史や人々の思いは、いつか水の下へ。ひとつの時代の変遷を鋭く捉え、これから編まれてゆく時の流れを予感させる見事な余韻。

主催: 神戸学院大学 梶谷ゼミナール・流通科学大学 辻ゼミナール
作品提供:特定非営利活動法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭
料金: 無料
問い合わせ: 梶谷懐 kajitani※eb.kobegakuin.ac.jp(※を@に変えてください)
by yukiko_sakaida | 2007-12-03 17:42 | その他

島根県立大学専任教員(現代中国政治社会)の公募について

http://www.u-shimane.ac.jp/admin/kyouin_koubo/kyouin-koubo-chugoku.html

1.募集条件
 ア.分野  現代中国政治社会
 イ.担当予定科目 学 部:「中国社会論」「総合化演習」
             大学院:「中国政治社会」に関する講義科目、「北東アジア国際関係・地域研究」に関する博士後期課程の論文指導
 ウ.職格  教授または助教授
        (総合政策学部と大学院北東アジア研究科を兼担する予定です。)

 エ.採用人数  1名
 オ.資格  募集分野に関する博士の学位を有する者
 カ.年齢  本学の定年は63歳であり、本学の専任教員として一定期間勤務できる年齢以下である者
 キ.国籍  問いません
 ク.採用予定年月日等  平成19年4月1日
 ケ.身分・給与等  平成19年4月1日より法人化が予定されており、公立大学法人が採用することとなるため、給与等は法人の定める規程により決定されます。

2.応募書類
 ア.履歴書(様式第1号)  1部
 イ.教育研究業績書(様式第2号)  1部
 ウ.主要な著書、論文(現物、抜刷またはコピー)3点  各1部
   うち学位論文については必ず提出してください。
   なお、各点について1,000字以内の概要を添付してください。(様式は自由と
しますが、日本語で記述したものに限ります。)
 エ.応募の動機、及び本学での教育、研究活動についての抱負(1,000字から1,500字程度で様式は自由とします。)  1部
 オ.所属長又は応募者の専門分野についての所見を求めうる方が作成した推薦書(様式は自由としますが、推薦者の氏名及び所属先、連絡先を明記してください。)
 1部
 カ.選考結果通知書送付用封筒(返送先を明記し、簡易書留郵便所定の金額の切手を貼付したもの)
 ※ 原則として提出された書類は返却しませんが、主要な著書、論文について返却を希望される場合は、返信用の封筒(返送先を明記し、所定の金額の切手を貼付した
もの)を必ず同封してください。
   なお、この著書、論文返却用封筒と選考結果通知書送付用封筒との兼用はできません。

3.応募期限
平成18年12月15日(金)必着

4.提出先  
 〒697-0016 島根県浜田市野原町2433-2
   島根県立大学事務局 総務施設グループ
  ※ 郵送の場合は、封筒の表面に「専任教員(現代中国)応募」と朱書し、書留
便で送付してください。

5.その他
 ア.選考は提出された書類の審査を中心に行いますが、必要に応じて面接を実施す
ることがあります。
   この場合、本学への来学に係る旅費等、必要な費用は応募者の負担とします。

 イ.本公募は、JRECIN研究者人材データベース  http://jrecin.jst.go.jp/  にも掲載しています。
 ウ.各種問い合わせについては下記までお願いします。
    担当: 事務局総務施設グループ課長 家本(いえもと)
        ℡;0855-24-2200(代)/Fax;0855-24-2208
by yukiko_sakaida | 2006-11-22 12:58 | その他

台湾への大学院生派遣メンバーの募集

台湾への大学院派遣メンバーの募集
当協会の主催する日台交流事業にて台湾を訪問してみませんか?
次の募集要項の応募資格・応募条件を全て満たす方で、この事業にご興味のある方のご応募を受け付けております。今年度は「東アジア近代史」を研究している院生を募集します。(平成18年10月20日受付締切)

募集要項

1.事業名:日台青年交流事業(派遣)

2.事業内容:
日本と台湾の青年レベルでの友好交流と相互理解の促進を目的として、日本の大学院生の訪問団を台湾に派遣し、台湾各地で学生交流や関係機関の視察等を行う予定です。現地では通訳同行。

3.実施時期:平成19年3月中10日間

4.募集人数:12名

5.応募資格:
次の全ての資格を満たすこと。
(1)日本国籍を有するもの。
(2)日本の大学院に在学中の修士課程以上の者で、東アジア近代史(特に日中関係史)の研究を行っており、台湾との交流に関心を持つ者。
(3)平成19年3月末日現在で原則35歳以下の者。
(4)心身共に健康上支障のない者。
(5)台湾での長期滞在経験の無い者

6.応募条件:
次の全ての条件を満たすこと。
(1)出発までに旅券を取得できること。(または出発日から起算して半年以上の有効期限を有する日本国旅券を所持していること)
(2)指定された事前説明会に必ず参加できること(平成19年2月予定)。
(3)帰国後定められた期間内に研究論文を提出すること。
(4)中国語もしくは英会話能力を有すること。
(4)当協会が負担する次の経費以外の必要経費は自己負担すること。
 当協会が負担する経費
 ●日本-台湾間の往復国際航空券費用
 ●台湾滞在中の宿泊費
 ●台湾滞在中の交通費(但し、自由行動時間中を除く)
 ●台湾滞在中の食費(但し、自由行動時間中を除く)
 ●当協会の規程による海外旅行保険費用  
7.応募方法
上記参加条件を全て満たす方のみ、次の要領にてご応募下さい(平成18年10月20日必着)。
 ●履歴書(メールに添付送付のこと)
 ●研究テーマの概要及び応募動機(A4用紙1枚。メールに添付送付のこと)
 ●在学証明書 1通(平成18年9月以降発行のものを郵送してください)
   送付先:〒106-0032 東京都港区六本木3-16-33
           青葉 六本木ビル7F
電話番号:03-5573-2600(内線15)
   E-Mail : narumi@koryu.or.jp
   交流協会 総務部 鳴海 宛て
            
8.結果通知時期:11月中、メールにて通知。照会には一切応じられません。
by yukiko_sakaida | 2006-09-14 16:08 | その他