人気ブログランキング |

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

中国現代史研究会例会

日時:2006年12月8日(金) 18:00~
場所:明治大学研究棟4階 第3会議室   東京都千代田区神田駿河台1-1
   TEL 03-3296-4545

内容:
 日中韓3国共通歴史教材委員会編『未来をひらく歴史』(高文研)の検討

報告:
  笠原十九司氏(都留文化大学)

コメント:
 土田哲夫氏(中央大学)、江里晃氏(実践女子学園中学校・高等学校)
by yukiko_sakaida | 2006-11-29 13:35 | 学術交流

島根県立大学専任教員(現代中国政治社会)の公募について

http://www.u-shimane.ac.jp/admin/kyouin_koubo/kyouin-koubo-chugoku.html

1.募集条件
 ア.分野  現代中国政治社会
 イ.担当予定科目 学 部:「中国社会論」「総合化演習」
             大学院:「中国政治社会」に関する講義科目、「北東アジア国際関係・地域研究」に関する博士後期課程の論文指導
 ウ.職格  教授または助教授
        (総合政策学部と大学院北東アジア研究科を兼担する予定です。)

 エ.採用人数  1名
 オ.資格  募集分野に関する博士の学位を有する者
 カ.年齢  本学の定年は63歳であり、本学の専任教員として一定期間勤務できる年齢以下である者
 キ.国籍  問いません
 ク.採用予定年月日等  平成19年4月1日
 ケ.身分・給与等  平成19年4月1日より法人化が予定されており、公立大学法人が採用することとなるため、給与等は法人の定める規程により決定されます。

2.応募書類
 ア.履歴書(様式第1号)  1部
 イ.教育研究業績書(様式第2号)  1部
 ウ.主要な著書、論文(現物、抜刷またはコピー)3点  各1部
   うち学位論文については必ず提出してください。
   なお、各点について1,000字以内の概要を添付してください。(様式は自由と
しますが、日本語で記述したものに限ります。)
 エ.応募の動機、及び本学での教育、研究活動についての抱負(1,000字から1,500字程度で様式は自由とします。)  1部
 オ.所属長又は応募者の専門分野についての所見を求めうる方が作成した推薦書(様式は自由としますが、推薦者の氏名及び所属先、連絡先を明記してください。)
 1部
 カ.選考結果通知書送付用封筒(返送先を明記し、簡易書留郵便所定の金額の切手を貼付したもの)
 ※ 原則として提出された書類は返却しませんが、主要な著書、論文について返却を希望される場合は、返信用の封筒(返送先を明記し、所定の金額の切手を貼付した
もの)を必ず同封してください。
   なお、この著書、論文返却用封筒と選考結果通知書送付用封筒との兼用はできません。

3.応募期限
平成18年12月15日(金)必着

4.提出先  
 〒697-0016 島根県浜田市野原町2433-2
   島根県立大学事務局 総務施設グループ
  ※ 郵送の場合は、封筒の表面に「専任教員(現代中国)応募」と朱書し、書留
便で送付してください。

5.その他
 ア.選考は提出された書類の審査を中心に行いますが、必要に応じて面接を実施す
ることがあります。
   この場合、本学への来学に係る旅費等、必要な費用は応募者の負担とします。

 イ.本公募は、JRECIN研究者人材データベース  http://jrecin.jst.go.jp/  にも掲載しています。
 ウ.各種問い合わせについては下記までお願いします。
    担当: 事務局総務施設グループ課長 家本(いえもと)
        ℡;0855-24-2200(代)/Fax;0855-24-2208
by yukiko_sakaida | 2006-11-22 12:58 | その他

●20世紀メディア研究所:第35回研究会・関西大会開催のご案内●

・日 時:2006年11月25日(土曜日)午後1時から午後5時10分まで
・場 所:大阪市立大学文化交流センター ホール(定員:100名)
   (大阪駅前第二ビル6階、JR大阪駅・地下鉄梅田駅などから徒歩5分)

・スケジュール
 1:00~1:15
  1)開会挨拶
 1:15~1:45
  2)山本武利(早稲田大学)
     プランゲ文庫所蔵雑誌・新聞のデータベース作成のプロジェクト
 1:45~2:30
  3)土屋礼子(大阪市立大学)
      資料紹介:対日心理戦における極東連絡局(FELO)の報告書
 2:30~3:15
 4)岩本茂樹(関西学院大学)
    戦後日本の「アメリカニゼーション」と『ブロンディ』
 休憩 15分
 3:30~4:15
  5)魚住真司(関西外国語大学)
     非営利市民メディアの米国モデル
       ――ミシガン州グランドラピッズ市の事例を中心に
 4:15~5:00
  6)水野由多加(関西大学)
     民放と広告制度の再検討
       ――経緯が生み矛盾に満ちた産物としての理解
 5:00~5:10
  7)閉会挨拶

 ※研究会終了後、場所を移動して午後6時から懇親会を行ないます(参加費:3,600円)。予約の関係がありますので、懇親会に参加ご希望の方は、11月21日(火曜日)までに、事務局宛(m20th#list.waseda.jp)にご連絡ください。
***********************************************************
 20世紀メディア研究所 代表・山本武利
   〒169-8050
   東京都 新宿区 西早稲田1-6-1
   早稲田大学西早稲田キャンパス1号館
   現代政治経済研究所 気付
   電話・FAX:03-5286-1988
   Email: m20th#list.waseda.jp
   URL: http://www.waseda.jp/prj-m20th/
   占領期雑誌記事情報データベース:http://prangedb.kicx.jp/
***********************************************************
by yukiko_sakaida | 2006-11-08 14:07 | 学術交流

日本上海史研究会例会

日時:2006年11月16日(木) 18:30~20:30
場所:日本大学通信教育学部1号館 地下会議室

内容:
(1)林美莉・連玲玲両氏による台湾の中国近代都市史研究者の紹介

(2)林美莉氏(中央研究院近代史研究所)
  「『自報実恕ロ』から『民主評議』へ-上海工商業税の税政策の変化、1949~1950年」


(3)連玲玲氏(中央研究院近代史研究所)
  「上海の百貨店の社会主義改造、1949~1956年」
by yukiko_sakaida | 2006-11-06 09:07 | 学術交流

”中国”のインパクトと東アジア国際秩序

日時:2006年11月11日(土)10:00-18:00
場所:千里ライフサイエンスセンター、2001・2002室
共催:大阪外国語大学中国文化フォーラム・大阪大学グローバルヒストリー研究

報告 :
①「上海協力機構と中央ユーラシアの再編成」(清水学)
②「ロシア外交における“多極化世界の構築”とアジア太平洋:対中国、東南アジア政策を中心に」(加藤美保子)
③「戦後処理と地縁政治再編の企み:1940、50年国民政府の琉球対策について」(許育銘)
④「中国の平和的台頭とアジアの国際関係」(朱瀛泉)
⑤「中国における新華僑の問題について」(朱東芹)

***
詳細は以下のページにて
http://homewww.osaka-gaidai.ac.jp/~c-forum/symposium/0611workshop.htm
by yukiko_sakaida | 2006-11-03 09:08 | 学術交流