人気ブログランキング | 話題のタグを見る

中国現代史研究会東海地区5月例会のご案内

中国現代史研究会の東海地区例会をハイブリッドで以下のように行うことになりました。

ふるってご参加いただければ、と存じます。


日 時:527()1330分~17時(13時開場)

場 所:名古屋大学文学部本館127講義室(1階正面玄関入って直進)およびTeamsによるオンライン 

 地図 https://goo.gl/maps/o8VqaNvz7YzsnTWj8

Teams)okazaki.kiyonobu@gmail.comにご連絡ください。

     おりかえし会議ID、パスコードをお伝えいたします。


報告者:

榊原真理子氏(愛知県立大学非常勤講師) 

「「ロミオとジュリエット」の翻案から考察する中国悲劇の作用」

秋田朝美氏(大阪大学大学院人文学研究科研究員)

「盧溝橋事件前後のアメリカからの借款問題―棉麦借款から桐油借款へ―」(仮)


その他:

対面で参加される方は直接会場にお越しください。オンラインで参加される方は直接上記URLからご接続ください。なお、表示名にはお名前・ご所属をご明示くださるようお願いします


# by yukiko_sakaida | 2023-04-20 18:08 | 東海地区例会案内

東海地区3月例会のご案内

3月の中国現代史研究会東海例会を、ハイブリッド(対面とzoomによるリモート)で以下のように行いたいと思いますので、奮ってご参加ください。

日 時:3月25日(土)1時半~4時半(zoomの場合は1時20分には入室可能です)
場 所:愛知大学車道校舎k803教室(8階) 地図

報告者
水町誠司氏(愛知大学国際問題研究所客員研究員) 
「杜月笙と国民党の関係性─有事における動向を中心として─」
菊池一隆氏(愛知学院大学名誉教授)
「不抵抗中国への日本の侵略 1931—1936 ―『日中十五年戦争論』に対する異論―」

 参加される方は、3月20日(月)までに馬場宛(babata@vega.aichi-u.ac.jp)にご連絡ください。その際対面で参加されるか、リモートで参加されるかお知らせ下さい。リモート参加の方は後ほどzoomのパスワードなどと報告者のレジュメをお送りします。対面参加の方は報告者のレジュメをお送りします。なお今後のコロナ感染の状況により会場が使用できなくなったときは、zoomによるリモートになることをお含み置き下さい(その際は改めてご連絡いたします)。

# by yukiko_sakaida | 2023-03-24 15:36 | 東海地区例会案内

東京会議2023

「東京会議2023」開催概要

2023年3月24日(金)12:30-18:50


場所:東京プリンスホテル2階マグノリアホール(東京都港区芝公園3丁目3-1)

   https://www.princehotels.co.jp/tokyo/access/

言語:英語(日英同時通訳あり)

参加費:無料

定員:会場200名

   ※定員に達し次第、締め切らせていただきます。

   ※原則として対面での参加となります。

主催:言論NPO


<スケジュール>

12:30-12:45 開幕式

12:45-14:00 基調講演

       メアリー・ロビンソン(アイルランド元大統領、元国際連合人権高等弁務官)

       ウィリアム・ヘイグ (イギリス元外務大臣)

       スブラマニヤム・ジャイシャンカル(インド現外務大臣)※調整中

       イグナシウス・ジョナン (インドネシア元エネルギー・鉱物資源大臣、元運輸大臣)

14:00-15:00 パネルディスカッション「世界の未来に問われる我々の責任」

15:15-16:45 セッション1 ウクライナ戦争から1年―世界の平和秩序の再建は可能か

17:00-18:30 セッション2 民主主義国は、世界の分断と民主主義の修復にどう立ち向かうか

18:30-18:50 10ヵ国シンクタンク代表者からのG7議長国へ共同提案を発表

「東京会議2023」のより詳細な内容は、下記のリンクよりご覧いただけます。

▼東京会議 詳細  https://www.genron-npo.net/society/archives/15100.html


今回の会議に向けたCM動画は下記URLからご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

▼動画はこちら https://twitter.com/GenronNPO/status/1629037151106269184?s=20


会場参加はこちらからお申込みいただけます。

▼申し込みフォーム https://www.genron-npo.net/20230324-TheTokyoConference2023.html

# by yukiko_sakaida | 2023-03-03 13:38 | 学術交流

シンポジウム「ウクライナ戦争が問うアジア冷戦史の現代的意義 ―中華人民共和国をめぐる国際関係の歴史と現在」

3 月 18 日(土)
13:45-17:45 シンポジウム
ウクライナ戦争が問うアジア冷戦史の現代的意義
―中華人民共和国をめぐる国際関係の歴史と現在

 ロシアによるウクライナ侵攻は、第二次世界大戦以後、とりわけ冷戦終焉後、アメリカが主導して形成してきた自由民主主義的国際秩序に権威主義国が包摂されておらず、軍事的に衝突する可能性さえあることを改めて浮き彫りにした。こうした事態の発生により、ロシアと同じ権威主義の大国であり、しかもロシアとは桁違いの生産力と技術力を持つ中華人民共和国(以下、中国)の行動、特に軍事力によって「台湾統一」を強行することに対して懸念が生じている。しかし、ヨーロッパにおけるロシアと東アジアにおける中国の立場やふるまいを、単に「権威主義体制である」という共通項にのみ基づいて同質のものとして捉えてよいだろうか。というのも、ロシアと中国はともにアメリカと鋭く対立しながらも、直接の軍事衝突があったか否かということや、多国間の国際機関・制度を形成したか否かという点で、異なった冷戦史・ポスト冷戦史を歩んできたからである。
 ヨーロッパとその周辺地域では、1940 年代後半からの冷戦体制確立期から解体まで、アメリカ(NATO)とソ連との間では間接的にも軍事衝突はなかった。アメリカとロシアが間接的に軍事衝突するようになったのはむしろ冷戦終結後である。NATO は 1999 年にコソボ紛争に武力介入し、ユーゴスラビア連邦共和国軍を排除した。シリア内戦でもロシアの支援するアサド政権とアメリカなど西側諸国が後援する反政府勢力とが対峙している。NATO と EU 加盟国の拡大は、それに挑戦するという口実をロシアに与えてしまい(その成否はひとまず措くとして)、今回のウクライナ侵攻を招いてしまったと言える。
 一方アジア(東アジア)では、1950 年代初頭の冷戦体制確立期に中国とアメリカは朝鮮半島で直接軍事衝突し、さらに 1960 年代にはベトナムで間接的に軍事衝突した。しかしニクソンショックを契機とする米中和解やベトナム戦争の処理を通じて1970年代に力の均衡が実現し、米中両国間の関係が正常化したあとは、朝鮮半島と台湾海峡で厳しい緊張が続いてはいるものの、今日に至るまで軍事的な衝突は発生していない。またこの地域にはアメリカを中心にした二国間同盟網は存在しているが、冷戦終焉後、NATO のように同盟範囲を拡大してきたわけではない。
 では、このような冷戦期におけるヨーロッパと東アジアそれぞれの国際関係における分岐、とりわけロシアと中国の分岐はなぜ起こったのだろうか。またこのような分岐は何を意味するのだろうか。アメリカにとって、ロシアと中国の位置づけはそもそも違ったのだろうか。それともどこかの時点で両国に異なった位置づけが与えられたのだろうか。このように歴史的な視座から冷戦史を振り返ることは、ウクライナ戦争とそれ以降の世界のゆくえを考えるうえで必須である。本シンポジウムでは、冷戦確立期からその解体期、さらに米中対立が顕在化している今日までを視野に入れ、アメリカの対中戦略、中国の対米戦略の変遷と「現在」、そして展望を改めて捉えなおしてみたい。その際には、特に台湾をめぐる米中の駆け引きが、議論の焦点の一つとなろう。
 以上の目的のため、本シンポジウムでは以下の 3 名のパネラーにご登壇いただくことにした。それぞれのパネラーの報告タイトルは以下のとおりである(報告順)。

藤木剛康氏(和歌山大学)「ウクライナ戦争と米中対立――3 つの世界と米中の秩序構想」

松村史紀会員(宇都宮大学)「中ソ関係からみたアジア冷戦―外部援助と自力更生の間」(仮題)

福田円氏(法政大学)「米中国交正常化と台湾-新たな『台湾問題』のはじまり」(仮題)

 藤木氏には、米中関係の現在と未来、特に中国の国際戦略と、そうした中国の国際戦略に対するアメリカの認識と対応について、最新の国際関係論の成果を踏まえて「現在」の全体像を展望していただく。
 松村会員には、冷戦史とポスト冷戦の時代の国際関係、とりわけアメリカ・中国・ソ連(ロシア)の関係について、歴史的な視座からその展開を捉え直していただく。
 福田氏には、1940 年代末から今日に至るまで米中間の争点であり続けている「台湾問題」について、両国がこの問題をどのように位置づけてきたのか、また今後の両大国の戦略の中でどのように位置づけられようとしているのかについて論じていただく。
 また本シンポジウムは、このように主に国際関係論・国際関係史の立場から米中関係の来し方行く末を展望しようとするものであるが、両国の関係をより立体的に捉えようとすれば、経済的な視野から米中関係の構造や両国がそれぞれ描いている戦略がどのように捉えられるのかについても理解する必要があるだろう。
 梶谷懐会員には討論者として、経済的な視座から報告を批判していただく。
 このように重厚な陣容で開かれる本シンポジウムは、変化が激しく既存の枠組みでは認識し難い「現在」の世界を、歴史的な視座から捉えようとする試みである。会員諸氏による活発な議論を期待したい。

# by yukiko_sakaida | 2023-02-07 15:39 | 月例会・総会案内

公開講演会のお知らせ

公開講演会のお知らせ

『ハイテク専制国家・中国』『「友好」のエレジー』出版記念講演
秦 暉:中国政府系メディアが語る日本の「戦後レジーム」
(東京大学客員教授・香港中文大学客員教授・中国清華大学名誉教授)

秦 暉(チン ホゥイ):「生きている百科全書」との名を博した中国の最も著名な歴史学者、積極的に社会的発言を行っている民主派知識人。秦漢史、明清史、近代史、中国思想史、経済史、農民史、土地制度史研究について深い造詣があり、また正義論・社会契約論・国家論・自由主義・民主主義・福祉国家・マルクス主義とレーニン主義との異同・旧ソ連をはじめとする東欧の一党独裁体制の崩壊原因など、世界史的視点から現代中国に起こっている諸問題の本質を鋭く分析している。中国社会にて大きな影響力を持ち、高い人気を得ている。著書は50冊以上あり、『伝統十論:本土社会の制度、文化及びその変革』、『問題と主義』、『市場の昨日と今日』、『変革の道』、『農民中国—歴史の思考と現実の選択』、『学問中国』、『真のアルクス主義』、『自由、ユートピアと強制』、『経済の転換と社会公正』、『滄桑十年:東欧諸国社会の経済転換と思想変容』、『実践自由』、『南アフリカの啓示』、『帝制からの脱出:清末から民国までの歴史』、『鼎革之際:明清交替史文集』、『政府と企業以外の近代化:中西公益事業史の比較研究』など、ほかに金雁夫人(東欧歴史学者)との共著には『経済の転換与経済の公正』、『農村公社、改革と革命: 村社伝統とロシアの近代化の道』などがある。

場  所:神戸大学瀧川記念学術交流会館2階大会議室(参加無料)
日  時:2023年1月28日 14:00-18:00(受付開始:13:30~) 
司  会:王   柯  神戸大学名誉教授・科研費代表
コメント:梶谷  懐  神戸大学大学院経済学研究科教授
討論者1: 賀  衛方 北京大学教授(北京・インターネット形式)
討論者2: 慕容 雪村 作家(オーストラリア・インターネット形式)
討論者3: 王 力雄  思想家・作家(北京・インターネット形式)
閉会の挨拶 藤原 良雄 藤原書店社長
通  訳:蒋  海波(孫文記念館研究員)・王  柯

講演後懇親会:(会費:5000円/学生2000円、事前申し込みが必要)
場 所:神戸大学瀧川記念学術交流会館1階
時 間:18:30――20:30
申込先:Email: wkouka@silver.kobe-u.ac.jp, Fax:078-882-0355(1月26日まで)
 氏  名(必須):           所  属(任意):
 連絡電話(必須):

# by yukiko_sakaida | 2023-01-06 09:59 | 学術交流