『戦争・ラジオ・記憶』 勉誠出版社

a0050962_6374211.jpg<新刊紹介>
貴志俊彦・川島真・孫安石編『戦争・ラジオ・記憶』(勉誠出版、2006年3月20日、
本体3,500円)
http://www.bensey.co.jp/book/1773.html

<目次>

序言 ――「音」を伝える装置としてのラジオ―― 貴志俊彦・川島真・孫安石

第Ⅰ部 戦争とラジオ
第一章 ラジオ文明とファシスト的公共性 佐藤卓己
第二章 天皇報道とラジオ――「玉音」から「天皇の声」へ 竹山昭子
第三章 東アジアにおける「電波戦争」の諸相 貴志俊彦
第四章 日中戦争と上海の日本語放送 孫 安 石
第五章 中国奥地の日本人捕虜と日本語放送 貴志俊彦
第六章 中華民国の「抗戦教育」とラジオ・映画 貴志俊彦

第Ⅱ部 ラジオと「帝国」
第一章 満洲国とラジオ 川島 真
第二章 ラジオ放送と植民地台湾の大衆文化 李 承 機
第三章 植民地時期朝鮮におけるラジオ放送の出現と聴取者 金 栄 熙
第四章 朝鮮でラジオは何を教えたのか
 ――ラジオを利用した「国語」教育 上田崇仁
第五章 戦後台湾の対外ラジオ放送政策 川島 真
第六章 ソ連軍占領期北朝鮮におけるラジオの成立
 ――一九四五~一九四八年 小林聡明

第Ⅲ部 ラジオ研究著作シリーズ――自著・他著を語る
『現代日本メディア史の研究』 津金澤聰廣
『ブラック・プロパガンダ――謀略のラジオ』 山本武利
『史料が語る太平洋戦争下の放送』 竹山昭子
『声の資本主義――電話・ラジオ・蓄音機の社会史』 吉見俊哉
『20世紀放送史――資料編』 太田昌宏
『ピース・トーク――日米電波戦争』 北山節郎
『もうひとつの昭和――NHK外国放送受信部の人々』 香取俊介
『声の祝祭――日本近代詩と戦争』 坪井秀人
『ラジオ体操の誕生』 黒田 勇
『英語講座の誕生――メディアと教育が出会う近代日本』 山口 誠
『中国広播電視通史』 村井寛志
『ラジオ黄金時代――アメリカのニュース解説者たち』 土屋由香
『戦争とラジオ――BBC時代』 須藤瑞代

第Ⅳ部 ラジオ研究のための資料紹介
NHK放送博物館 中田 薫
逓信総合博物館 石川 研
外務省外交史料館 孫 安 石
防衛庁防衛研究所史料室 孫 安 石
国史館・党史館(台湾) 川島 真
吉林省档案館 野村優夫
中国第二歴史档案館 貴志俊彦
上海市档案館 孫 安 石
北京市档案館 貴志俊彦

東アジア・ラジオ関連年表 佐藤 淳

文献リスト
図版一覧
あとがき
執筆者紹介
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-03-18 06:37 | 出版案内

第四回東海地区特別例会のご案内

以下の要領で第四回東海地区特別例会を開催いたします。奮ってご参加ください。

日時:3月19日(日)13:00~16:00

場所:愛知大学車道キャンパス
(http://www.aichi-u.ac.jp/asp_pub/ftpup/TOPIC261/access.htm)

報告者:
鬼頭今日子氏(本会会員)
(仮題)「日本の中等教育における中国語教育」

加治宏基氏(愛知大学大学院 本会非会員)
「中国の世界遺産政策にみる国連的理念の国内的意義」
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-03-14 06:13 | 東海地区例会案内

現代中国学部主催シンポジウム「日台相互イメージの錯綜」ご案内

愛知大学 現代中国学部主催シンポジウム「日台相互イメージの錯綜」が車道校舎コンベンションホールにて開催!

当日は、3つのパネルセッションと総合討論が行われます。パネラーには、台湾の漫画家・エッセイストの哈日杏子氏など専門家が一同に介し、日台イメージについて幅広く討論します。是非、ご参加下さい。

日時:3月18日(土)10時30分~
1.若者たちの日本/台湾
2.日台相互イメージの錯綜1
3.日台相互イメージの錯綜2
4.総合討論

聴講無料

問合せ先:現代中国学会
       TEL.0561-36-1314
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-03-13 22:14 | 学術交流

日本大学文理学部人文科学研究所共同研究B」班公開研究会

日本大学文理学部「人文科学研究所共同研究B」班(研究代表;松重充浩)では、潘 光哲先生(中央研究院近代史研究所助研究員)をお招きして、以下の要領で公開研究会を開催いたします。 皆様のご参加を心からお待ち申し上げております

連絡担当;松重充浩matusige#chs.nihon-u.ac.jp
             (#を@に変えて送信してください)


「日本大学文理学部人文科学研究所共同研究B」班 公開研究会要領

開催日
 2006年3月16日(木)・開催時間;  17時~19時(16時40分受付開始)

会場
  日本大学文理学部百周年記念館2階第1会議室

報 告 者
 潘 光哲 先生(中央研究院近代史研究所助研究員)

報告題目
 「華盛頓在中國」(通訳付)

参加費; 無料

※研究会終了後、潘先生を囲んでの懇親会(有料)も予定しております。併せてのご参加をお待ちしております。 (以上)
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-03-10 22:56 | 学術交流

中国現代史研究会例会

日時: 2006年3月24日(金) 15:00-18:00

場所: 明治大学リバティータワー20階 120RS

 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
     (TEL 03-3296-4545)
   http://www.meiji.ac.jp/campus/suruga.html 

荘司博史氏(東京大学)
 「近代中国における地域企業の展開
       ―民国期山東省維県の企業類型と出資関係」(仮)

陳 謙平氏(南京大学)
 「南京大学民国史研究センターの近況紹介」(予)
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-03-08 13:25 | 学術交流

南京大学陳謙平氏講演会のご案内

このたび、下記のように南京大学の陳謙平氏をお迎えして公開研究会(講演会)を開催いたします。ついては、お繰り合わせの上ぜひご出席くださるようお願い申し上げます。

 日 時:2006年3月17日(金)16時~18時

 場 所:中央大学多摩キャンパス研究所会議室2(2号館4階)

 テーマ:中華民国時期の日本の対中国投資について

 講演者:南京大学歴史系教授 陳謙平 氏

 主 催:中央大学共同研究プロジェクト「未来志向の日中関係学」・
         日中関係発展研究センター(責任者:姫田光義)

※中大多摩キャンパスへのアクセス:
 http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_tama_j.html
 多摩キャンパス地図:
 http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/campusmap/tama/index_j.html

 2006年3月7日
          
 連絡担当 土田哲夫
 tsuchy#tamacc.chuo-u.ac.jp
 (#を@に変えて送信してください)
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-03-08 13:22 | 学術交流

勉強会のお知らせ

来る3月27日、大津で開催される中国現代史研究会総会・シンポジウムにおいて、「近現代中国における『中央―地方』再考――『統合』と『分節化』」というテーマのもと、東京大学から3人の若手研究者を招いて報告していただくことになっております。
http://modernchina.rwx.jp/2006soukai.doc

報告者ならびに報告テーマは、次の通りです。

(1)田原史起(東京大学)
 「中国農村政治の構図─―『農民問題』をめぐる中央,地方,農村リーダー(仮題)」

(2)吉澤誠一郎(東京大学)  「南京国民政府と西北建設」

(3)平野聡(東京大学)
 「中国民族問題の近代的起源――多様性の維持と後発国型国家建設の相克(仮題)」

そのシンポジウムに向けて、今週末の2月25日(土)、「事前勉強会」の開催をすることになりました。

 時間:14:00~17:00 

 会場:京都大学経済学研究所会議室

当日の報告担当者及び参考著書・論文は次の通りです。

(1)田原史起氏の研究に関して(渡辺直土)
 ・『中国農村の権力構造 -建国初期のエリート再編』(2004年 御茶の水書房)
・「村落統治と村民自治 -伝統的権力構造からのアプローチ」
  (天児慧、菱田雅晴編『深層の中国社会』勁草書房、2000年)
・「村落自治の構造分析」(『中国研究月報』639)

(2)吉澤誠一郎氏の研究に関して(石黒亜維)
 ・「西北建設政策の始動―南京国民政府における開発の問題―」
  (『東洋文化研究所紀要 第148冊、2005年12月』)

(3)平野聡氏の研究に関して(寺阪誠記、島田美和)
 ・『清帝国とチベット問題』(名古屋大学出版会、2004年)
 ・「『公正な帝国』から『近代中華帝国』へ―清帝国の統治構造変動と民族問題」
  (『帝国への新たな視座』青木書店、2005年/『歴史学研究』776号、2003年6月)

3月のシンポジウムへの参加・不参加に関わらず、みなさまお誘い合わせのうえ、
どうぞご参加下さいますよう、よろしくお願いいたします。

                   中国現代史研究会有志一同
                     2006年2月20日
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-02-22 23:46 | 月例会・総会案内

セミナー:ユン・チアン『マオ』を読む

このたび、現在話題の『マオ』を読んで、意見交換の機会をもうけることになりました。大阪外大の学内プロジェクトとして実施しますが、オープンセミナーです。興味のある方は皆さんお誘い合わせの上、ご参加ください。パネラー以外にも参加者からの積極的な発言をお待ちしております。



セミナー: ユン・チアン『マオ』を読む

パネラー:西村成雄・安井三吉・田中仁

日時:2006年3月10日(金),14:00-17:00

場所:大阪外国語大学・学術交流室(B棟2階)
      http://www.osaka-gaidai.ac.jp/map1.html

文献:ユン・チアン、J.ハリディ『マオ―誰も知らなかった毛沢東』上下、講談社、2005年

主催:2005年度大阪外国語大学・特別研究2プロジェクト

「現代”中国”の社会変容と東アジアの新環境」(代表者:田中仁)


以上
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-02-12 15:24 | 学術交流

ドイツ中国学術交流

ベルリン自由大学東アジア研究所のクラウス・ミュールハーン氏(現在はフィンランドのTurku大学東アジア研究センター長に就任)を囲む研究会が下記のように予定されています。日本側参加者は主に第一次世界大戦期及びその直後の日本占領下の山東を研究しているメンバーが中心ですが、とくに制限は設けておりません。

 中国-ドイツ関係史の研究状況、史料編纂事業等についてお話いただき、自由に意見交換を行うことになっておりますので、関心のある方はふるって御参加下さい(会場準備の都合がありますので、参加される方は、事前に久保 (tkmst#tcn-catv.ne.jp)(#を@に変えて送信) まで御一報いただければ幸いです)。


日時;2月13日(月)午前10時~12時

場所:東京、駒込、東洋文庫 http://www.toyo-bunko.or.jp/

報告者;Turku大学(フィンランド)東アジア研究センター長のミュールハーン氏

演題;「ドイツ中国学術交流―― ベルリン自由大学東アジア研究所の
ドイツ中国関係史料集公刊事業(青島関連を含む)などを通して」(仮題)

(ベルリン自由大学東アジア研究所の中国学術交流、特に青島などのドイツ中国近現代関係史料集公刊事業などを通じてお話いただく予定です。)
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-02-07 10:00 | 学術交流

■2月例会

日時:2月4日(土)14:00~17:00

会場:京都大学経済研究所1F会議室

報告1:
陳怡旻氏(京都大学・院)
「ポーランド年金改革からの示唆ー中国養老保険制度の今後の課題」
コメンテータ:高屋和子会員(立命館大学)

(要旨)中国の養老保険制度は、95年、97年の改革により、賦課方式の社会プール部分と積立方式の個人口座部分が組み合わせた独自の公的年金制が構築された。改革は、旧制度を企業保険から社会保険への転換、また単一の保険制度から多支柱の保険制度への転換を図り、急進する少子高齢化にも対応するという狙いがあった。しかし、新制度が実施して10年近く経ったが、「個人口座の空洞化」をはじめ、多くの問題点が現れた。それらを解決すべく、中国政府は遼寧省をモデル地域として制度改革に取り組んだが、試行案の持続可能性も疑われている。そこで本報告は、ポーランドの1999年の年金改革において導入された「見なし掛金拠出建て賦課方式(NDC案)」を分析したうえで、遼寧省案と比較しながら、NDC案の中国における導入を検討する。


報告2:南誠氏 (京都大学・院)
「「中国残留日本人」をめぐる包摂と排除 ―日中両国の政策を比較して―」

(要旨)2001年末から、「中国残留日本人」の国家賠償訴訟が騒がれている。法廷の中で問題になっているのは、その歴史をめぐってである。特に日中政府の政策が問題視されている。しかし、これまでの中国残留日本人研究の中で、その歴史を取り上げるものは少ない。本報告では、その歴史的経緯、特に中華人民共和国が成立した1949年から後期集団引揚が終了する1958年までの期間に焦点をあてたい。
 本報告では、報告者がこれまで調査してきた日本政府の政策を踏まえたうえで、まだ調査し始めたばかりの中国政府の政策について報告していきたい。両者の比較を通して、中国残留日本人がポストコロニアル状況下での日中両国の「国民国家」創造プロジェクトからどのようにして、包摂あるいは排除されていったのかについて考察したい。
[PR]
# by yukiko_sakaida | 2006-01-28 16:29 | 月例会・総会案内